ここから本文です

世界ブランドランキング サムスン電子が7位

聯合ニュース 10/5(水) 16:13配信

【ソウル聯合ニュース】コンサルティング大手の米インターブランドが5日(現地時間)に発表した世界企業のブランド価値評価ランキング「ベスト・グローバル・ブランド2016」によると、韓国勢ではサムスン電子が7位を記録し、トップ10に入った。

 サムスン電子のブランド価値は518億ドル(約5兆3276億円)で前年比14%上昇し、初めて500億ドルを突破した。2000年の52億ドル(43位)に比べ10倍近く成長した。

 インターブランドはサムスン電子について、「業績成長の可能性、スマートフォン、テレビ、生活家電など主力製品に関する消費者中心の多様なマーケティング活動がブランド価値の上昇をけん引した」と評価した。

 ブランド価値は▼企業の財務成果▼顧客が製品を選択する際にブランドが与える影響▼ブランド競争力――などを総合し、評価する。

 サムスン電子のキム・ムンス副社長は「競争が激化し、市場が急速に変化するほどブランド価値はさらに高まる。消費者にとって差別化されたブランドとして定着するよう、中長期的なマーケティング活動を続ける」と述べた。

最終更新:10/5(水) 16:26

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。