ここから本文です

WCOTYグリーンカー、第1次11台…トヨタが2車種

レスポンス 10/5(水) 21:56配信

ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)主催団体は9月29日、フランスで開幕したパリモーターショー16において、「ワールドグリーンカー2017」の第1次選考11台を発表した。

画像:WCOTYグリーンカーの第1次の日本車3台

ワールドグリーンカーは、ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)の部門賞のひとつ。今回は2015年秋から2016年秋にかけてデビューした新型車の中から、最も環境性能に優れた1台を決定する。

条件は、2017年春まで生産と販売を継続しており、世界2大陸以上で販売していること。つまり、欧州専用車、北米専用車、日本専用車などは選考対象から外される。世界20か国以上、およそ70名のジャーナリストに、環境技術の権威5名が加わり、投票を行う。

ワールドグリーンカー2017の第1次選考11台は、以下の通り。

アウディQ7 e-tron 3.0 TDIクワトロ
BMW 740e iパフォーマンス
シボレー・ボルト
シボレー・マリブ
ホンダ・クラリティ・フューエルセル
ヒュンダイ・アイオニック
キア・ニロ・ハイブリッド
メルセデスGLC 350e
テスラ・モデルX
トヨタRAV4
トヨタ・ プリウス・プライム(プリウスPHV)

トヨタから、新型『プリウス プライム』(『プリウスPHV』)と『RAV4』の2台がノミネート。PHV(プラグインハイブリッド車)とハイブリッド車という異なるパワートレインで、環境性能をアピールする。

ホンダは新型燃料電池車、『クラリティ・フューエルセル』がノミネート。アウディ、BMW、メルセデスベンツのドイツ3ブランドは、それぞれPHVが第1次選考に名前を連ねる。

ワールドグリーンカー2017は2017年4月、米国で開催するニューヨークモーターショー17で発表される予定。前回は、トヨタの燃料電池車、『MIRAI』(ミライ)がワールドグリーンカーに輝いている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:10/5(水) 21:56

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]