ここから本文です

マギー・スミスがオンボロ車で暮らすレディに、「ミス・シェパードをお手本に」予告

映画ナタリー 10/5(水) 18:00配信

マギー・スミス主演「ミス・シェパードをお手本に」の予告編とポスタービジュアルが到着した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本作は、劇作家アラン・ベネットの回想録を「英国万歳!」のニコラス・ハイトナーが映画化した人間ドラマ。オンボロ車の中で自由気ままに暮らす風変わりなレディ“ミス・シェパード”と、彼女の車を自宅の駐車場に“一時的”に入れてあげた劇作家ベネットの、15年間に及ぶ奇妙な共同生活を描く。

同じ回想録をもとにした舞台でもミス・シェパードを演じたスミスが、映画でも同役で主演を務める。英国ナショナル・シアターなどの舞台で活躍するアレックス・ジェニングスがベネットに扮し、ジム・ブロードベント、フランシス・デ・ラ・トゥーア、ロジャー・アラムがキャストに並ぶ。

YouTubeで公開された予告編では、オンボロ車で生活するミス・シェパードの姿を描出。クリスマスプレゼントを持ってきた子供たちに「早く出て行って!」と叫んだり、挨拶をしてくれた男性に「馴れ馴れしくしないで!」と返すなど、偏屈な態度を取る様子が捉えられえる。次第にミス・シェパードの過去が解き明かされ、ベネットとの間に不思議な友情が生まれていく様子が映し出されていく。

「ミス・シェパードをお手本に」は、12月より東京・シネスイッチ銀座ほか全国で順次ロードショー。



(c)2015 Van Productions Limited, British Broadcasting Corporation and TriStar Pictures, Inc. All Rights Reserved.

最終更新:10/6(木) 17:26

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]