ここから本文です

チャンカワイ、長女出産の影に槇原敬之の存在明かす

デイリースポーツ 10/5(水) 15:57配信

 2日に第1子となる女児のパパとなったばかりのWエンジン・チャンカワイ(36)が4日、ブログを更新し、子宝を授かった影に、ミュージシャン槇原敬之の存在があったことを明かした。

【写真】チャンカワイの元カノが破局理由を告白

 チャンのブログによると、チャン夫妻は昨年1月の結婚以降、“妊活”を行っていたというが、なかなか子宝に恵まれなかった。暇があれば夫婦で子授けの神社を巡る日々。特に夫人はチャンよりも4歳年上ということもあり、焦りもあったようで「『どちらかが悪いとかではない』そう言うものの、毎月『ごめんなさい』と謝ってくる奥さん」とプレッシャーを感じていたようだった。

 そんな昨年のクリスマスに、「名曲『超えろ。』のMVに夫婦で出演させてもらったご縁もあり」槙原の事務所のパーティーにチャン夫妻が招待されたという。そこで、夫婦の休日の過ごし方が子授け神社巡りという話をしたところ、槙原から「実はうちのオフィスの神棚の前の席の人が子供を授かりました」との言葉が。槙原は早速神棚の前に妻を立たせ「神棚からお腹に『入れ入れ』と手で漕いで御利益を運んでくれ」たという。

 すると、それから約1カ月後の今年1月に妊娠が発覚。「今まで何だったんだと思うような早さでありました」と記し、「これは槇原敬之先生のパワーなのか、オフィスの席のパワーなのかわかりませんが、リラックスした日々が上手く重なったから結果が出たのかなと、僕達なりの結論が出ました」とつづり、槙原を始め、多くの人の見守りに感謝していた。

最終更新:10/5(水) 16:34

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]