ここから本文です

大谷CS大丈夫?紅白戦で1回2失点 「1戦目までに仕上げていきたい」

デイリースポーツ 10/5(水) 16:23配信

 4年ぶり7度目のパ・リーグ優勝を決めた日本ハムが5日、札幌ドームで紅白戦を行い、大谷翔平投手(22)が白組で先発。1回を25球、3安打2失点の内容で降板。最速は156キロだった。

 初回、先頭の西川を四球で歩かせると、杉谷への2球目に二盗を決められ1死二塁に。陽岱鋼には直球を右前へはじき返され、先制点を許した。さらにレアードにはショート後方へ大飛球が札幌ドームの天井を直撃。適時打を浴び2点目を許した。

 「気持ち良く打たれたら打たれたでいいのかなと思った」と振り返った大谷。「ちょっと抜けたりとかしてあんまり良くなかった。まだ、時間もあるので1戦目までに仕上げていきたい」と本番までに修正するプランを立てた。

最終更新:10/5(水) 16:39

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]