ここから本文です

ホンダとヤマハ発が原付で提携 ホンダが原付スクーターをヤマハにOEM供給

ITmedia ビジネスオンライン 10/5(水) 15:52配信

 本田技研工業とヤマハ発動機は10月5日、原付一種分野での提携について検討を始めると発表した。ホンダは50cc原付スクーターをヤマハ発に2018年をめどにOEM供給するほか、次期業務用スクーターの共同開発などを検討していく。原付一種市場は市場が縮小しており、課題解決に両社の協力が必要と判断した。

 協業では、ホンダが生産・販売する国内市場向け50cc原付スクーター「TACT」(タクト)、「Giorno」(ジョルの)をベースとしたモデルを、18年中をめどにヤマハへOEM供給する。ヤマハはそれぞれ「JOG」「Vino」に相当する独自デザインのモデルとして販売する。

 ホンダが「BENLY」(ベンリィ)、ヤマハ発が「GEAR」(ギア)として販売している50cc原付ビジネススクーターについて、次期モデルの共同開発と、ホンダからヤマハ発へのOEM供給を検討していく。

 原付一種クラスの電動2輪車普及に向けた基盤作りでも協業を検討する。成果は同業他社にも提案していく。

最終更新:10/5(水) 15:52

ITmedia ビジネスオンライン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。