ここから本文です

麒麟川島や銀シャリ鰻ら挑戦、蛭子能収が描いた4コマの展開当てクイズ

お笑いナタリー 10/5(水) 19:27配信

明後日10月7日(金)深夜放送の「マヨなか笑人」(読売テレビ)に麒麟・川島、銀シャリ鰻、蛭子能収がゲスト出演する。

【この記事の関連画像をもっと見る】

この日の「マヨなか笑人」は、蛭子が描いたマンガ作品を徹底解剖する1時間。「暴力と狂気に満ちており、ほとんどの作品で死人が出る」「意味のないかけ合い、オチのない結末が多い」「絵が下手」という3つの特徴が紹介される。ここでは蛭子が「もともと残酷なマンガが好きなので、残酷な殺し方をしょっちゅう考えてました」と笑顔で発言。川島から「ようサラサラとそんなこと言えますね!」と怖がられてしまう。

また蛭子の描いた4コママンガの展開を予想するクイズ企画「蛭子さんの3コマ目・4コマ目を当てろ!」も。挑戦者はイラストが得意なことで知られる川島と鰻、マンガ家を目指していたものの絵が下手で諦めたブラックマヨネーズ吉田、デザイン系専門学校出身の宮田聡子。果たして蛭子作品にもっとも近いマンガを完成させられるのは誰なのか。

マヨなか笑人
読売テレビ 2016年10月7日(金)25:00~25:58
<出演者>
MC:ブラックマヨネーズ
ゲスト:蛭子能収 / 麒麟・川島 / 銀シャリ鰻
テーマ漫才:キンニクキンギョ / いなかのくるま
レギュラーメンバー:愛実 / 宮田聡子

最終更新:10/5(水) 19:27

お笑いナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]