ここから本文です

イヤフォンマイク端子のない「iPhone 7/7 Plus」でリモートシャッター自撮り棒を使う方法

ITmedia Mobile 10/5(水) 16:53配信

 「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」では、イヤフォンマイク端子がなくなった。それで、一部の人は不安になったかと思う。

【困ったらこうする】

 iPhoneシリーズのカメラでは、ボリュームキーでキーでシャッターを切れる仕様となっている。そのおかげで、イヤフォンマイクに付いているボリュームキーボタンでもシャッターを切れた。つまり、イヤフォンマイクをケーブルレリーズとして使えたのだ。

 要するに、「では、イヤフォンマイク端子のなくなったiPhone 7/7 Plusではイヤフォンマイクでシャッターを切れるの?」ということが不安なのである。特に、一部のリモート撮影機能付き自撮り棒は、この仕組みを使ってシャッターを切ってた。それが使えなくなったら不便だな、と思ってた人も多い……いや多いかどうかは知らないけれど、いるはずだ。

●そんな時は本体付属の「アレ」を使うと解決する

 というわけで試してみた。iPhone 7/7 Plusに付属する「Lightning-3.5mmヘッドフォンジャックアダプタ」(以下「Lightningアダプター」である。900円(税別)で単品購入もできるアレである。

 さて、うまくいくか。

 はい。結論からいうと、あっさりとうまくいった。Lightningアダプターを経由すれば、従来通りリモートシャッターを使えるのだ。

 しかし、筆者には自撮りの趣味はないので、自撮り棒をカメラ延長棒として使ってみよう。自撮りしなくても、iPhoneをぐっと伸ばしてより近くで撮ったり、ハイアングルやローアングルで撮ったりする際にも自撮り棒は使えるのである。

 ご覧の通り、リモコン付き自撮り棒は、自撮り以外でも便利に使えるので、iPhoneで面白い写真を撮りたい人は、持っててもよいかもしれない。

 調子に乗って、ベンチに座ってる猫にぐぐっと自撮り棒を近づけてみたら、「胡散臭いやつが来た……」という顔をされてしまった。確かにうさんくさいよなぁ……。

 しかし、よく見ると、猫の目線はiPhoneのカメラじゃなくて、もうちょっと下を見ている。

 あ、分かった。iPhoneからぶら下がっているリモコン用ケーブルが気になっているのか。しまった、それは盲点だった……。

 もちろん、Lightningアダプターと同じく本体に付属する「EarPods with Lightning Connector」でもシャッターは切れます。ご安心を。

最終更新:10/5(水) 16:53

ITmedia Mobile

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。