ここから本文です

クルーズ船による入国者 今年200万人突破へ=韓国

聯合ニュース 10/5(水) 20:50配信

【世宗聯合ニュース】1~9月にクルーズ船で韓国に入国した観光客数が148万人に上ることが分かった。韓国海洋水産部が5日発表した。

 済州港に92万人(373回寄港)、釜山港に43万人(同162回)、仁川港に12万人(同48回)など、前年同期比で130%増となる148万人(同585回)がクルーズ船により入国した。

 海外からのクルーズ船は10月から年内にかけ、済州港に161回、釜山港に53回、仁川港に22回など合計236回寄港する予定で、今年のクルーズ船による観光客数は当初目標にしていた150万人を超え、200万人に達する見通しとなった。

 海外からのクルーズ船による観光客が昨年、寄港地で支出した金額は1人当たり886ドル(約8万9000円)だった。今年、200万人を達成した場合、2兆ウォン(約1847億円)以上の消費支出が発生すると同部は予想している。

 同部関係者は「港湾を効率的に運営し、大型クルーズ船が入港できるインフラを構築したのがクルーズ船観光客の増加要因とみられる」とした上で、「地方自治体、港湾、観光公社とともに外国のクルーズ関係者を対象に誘致活動を今後も続けて行う計画だ」と話した。

最終更新:10/5(水) 20:50

聯合ニュース