ここから本文です

おとぎ話・有馬和樹が朗読劇のテーマ音楽を担当、生演奏公演も

音楽ナタリー 10/5(水) 20:27配信

おとぎ話の有馬和樹が11月1~30日に東京・東中野バニラスタジオにて上演される朗読劇「ようせいのしっぽ」のテーマ音楽を担当する。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「ようせいのしっぽ」はリジッター企画が手がける朗読劇。脚本はリジッター企画所属の中島庸介が手がけ、「山本さんと水野くん」「アヤカさんとタケシくん」「マミとケンジ」という3つの話が日替わりで朗読される。期間中は有馬の生演奏による公演も予定されている。

リジッター企画「ようせいのしっぽ」
2016年11月1日(火)~30日(水)東京都 東中野バニラスタジオ

※有馬和樹は7日(月)、13日(日)、16日(水)、23日(祝・水)、24日(木)、29日(火)の公演で生演奏を披露。

最終更新:10/5(水) 20:27

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]