ここから本文です

勘九郎 さる軍団ソッポ&威嚇攻撃に苦笑

デイリースポーツ 10/5(水) 18:48配信

 歌舞伎俳優の中村勘九郎(34)が5日、都内で行われた主演映画「真田十勇士」の公開記念あいさつに、加藤雅也(53)、堤幸彦監督(60)と登壇した。勘九郎が演じた猿飛佐助にちなんで、日光さる軍団が劇中の登場人物の衣装で参加。勘九郎が猿に威嚇される場面もあり、会場は笑いに包まれた。

【写真】猿に威嚇されて…勘九郎もやり返す?

 勘九郎は日光さる軍団を前に「打ち上げのビンゴ大会の佐助賞は、温泉旅行にプラスして、日光さる軍団ショーを見るというのをつけたんです」と親近感をアピール。しかし、猿に威嚇された上、手渡されるはずの花束を投げつけられ、なんとかキャッチして苦笑い。

 さらに、猿回しに挑戦した勘九郎は、猿3匹を刀で斬りつけるしぐさをするも、“敵軍”は微動だにせず「空気読んでね…」とタジタジに。相性の悪い?勘九郎に続いて、加藤が同じパフォーマンスを繰り返すと、猿は見事倒れたとあって、勘九郎は「お猿さんたちじゃなくて、後ろの(操ってる)人のさじ加減!!」と悔しさをにじませていた。

最終更新:10/5(水) 18:53

デイリースポーツ