ここから本文です

唯月ふうか 左目ケガで手術も傷痕なく笑顔…退院後初の公の場

デイリースポーツ 10/5(水) 19:15配信

 8月に舞台稽古で宙づりから落下し、左眼窩(か)底吹き抜け骨折のケガを負い、手術を受けた女優・唯月ふうか(20)が5日、都内で、インターネットドラマ「先生に恋した夏」の上映会に登場した。9月1日に退院後、初の公の場となった。

【写真】隣には優希美青…ともにデビュー前の唯月ふうか

 顔に傷痕などはみられず、「無事に元気になりました。唯月ふうかです。一緒に楽しみましょう」と復活をアピール。ドラマのモチーフとなった曲を歌った、3人組ユニット・ベリーグッドマンのRover(28)から「おかえり」と歓迎され、「ただいま」と笑顔を振りまいた。

 ほかに、唯月とW主演の玉城裕規(30)、女性デュオ・Softly、お笑いコンビ・阿佐ヶ谷姉妹らも参加。作風に合わせて女子高生の制服姿の妹・木村美穂(42)から、「ふうかちゃんに絶対に負けられない!!」と宣戦布告された唯月は、「すごいライバルが現れちゃったな。頑張らなきゃ」という言葉と裏腹に、余裕の表情だった。

 唯月は8月16日に主演ミュージカル「ピーターパン」の舞台げいこ中、操作ミスで、宙づりのまま約3メートルの高さから落下し、左眼窩底吹き抜け骨折のケガを負った。今回のドラマは6月下旬に撮影されたという。

最終更新:10/5(水) 19:28

デイリースポーツ