ここから本文です

イオン、53億円の最終赤字 16年3~8月期決算

ITmedia ビジネスオンライン 10/5(水) 18:17配信

 流通大手のイオンが10月5日に発表した2016年3~8月の連結決算は、GMS(総合スーパー)事業の業績悪化が響き、53億7200万円の最終赤字(前年同期は21億2900万円の黒字)となった。

 連結の売上高は4兆1118億3700万円(前年同期比0.9%増)、営業利益は723億6700万円(同0.1%増)だった。コンビニエンスストア「ミニストップ」の小型店舗事業や「イオンカード」などの総合金融事業は増収増益だったが、GMS事業で183億1800万円の営業損失(前年同期より96億500万円の減益)を記録した。ダイエーの店舗承継を進めるなど事業改革に取り組んでいるが、依然として利益回復へのハードルは高いといえるだろう。

 2017年2月期通期の連結業績予想は、売上高8兆4000億円、営業利益1900億円、最終利益100億円と従来から変更はなかった。

最終更新:10/5(水) 18:17

ITmedia ビジネスオンライン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。