ここから本文です

1カ月間毎日のゴミを“着て”生活 挑戦者の「ゴミ入れスーツ」が早くもパンパンで結末がすごく気になる

ねとらぼ 10/5(水) 21:10配信

 アメリカの慈善運動家が、現地時間9月19日に「Trash Me」なる挑戦を始めました。全身にゴミ袋をあしらった「ゴミ入れスーツ」を着込み、生じた日々のゴミを入れて1カ月間暮らす試み。途中経過がYouTubeで公開されていますが、開始後2週間程度でスーツは早くもパンパン。最終日にはどうなってしまうのか。

【ゴミを“着た”姿】

 アメリカ人が1日に出すゴミの量は、平均で4.5ポンド(約2キロ)だそうです。挑戦者のRob Greenfieldさんはそこから逆算し、1カ月分のゴミが入る、総容量135ポンド(約61キロ)のゴミ袋を備えたスーツを製作。毎日出たゴミをゴミ箱や回収業者などに出さず、すべてスーツに入れたまま暮らす生活を始めました。

 開始から3日後、全身の袋にはゴミがぎっしり。この時点での総重量は、4キロ弱だそうです。それでも挑戦者は普段通りの生活を継続。ハンバーガーの外箱やコーヒーの容器も、店では捨てずスーツの袋へ。買い物をするにも電車に乗るにも大変そうです。ゴミって短期間でこれだけたまるものなんですね……。

 挑戦なかばにして、ゴミが歩いているかのような姿となったRobさんは、すっかり街の名物に。ゴミに対する意識を喚起するのが目的とのことですが、挑戦が終わる10月18日の姿を想像すると、多大な効果がありそうです。現時点でさえ、ゴミを減らす努力をしなければと考えさせられますしね。

最終更新:10/5(水) 21:10

ねとらぼ