ここから本文です

Bリーグの優勝賞金最高額が6000万円に決定、NBL・bjリーグ時代よりも大幅増額へ=バスケットボール

スポーツナビ 10/5(水) 18:07配信

 男子プロバスケットボールのBリーグは5日、都内で理事会を開催。2016-17シーズンの表彰規定を承認した。

 B1クラブに対する賞金はチャンピオンシップ(CS)とレギュラーシーズンに分けられており、チャンピオンシップを制した年間優勝チームが5000万円。準優勝チームは2000万円となっている。またセミファイナルで敗退した2クラブに750万円、CS出場クラブにも500万円の賞金が出ると発表された。

 レギュラーシーズンについては東地区、中地区、西地区の1位となったクラブに1000万円ずつが用意されている。シーズン、CSの両方を制したクラブは合計6000万円の賞金が得られる。

 リーダーズ表彰は得点王、アシスト王、リバウンド王、スティール王、ブロック王、ベスト3ポイント成功率賞、ベストフリースロー成功率賞の7部門に各30万円ずつ。またレギュラーシーズン、CSの最優秀選手賞にはそれぞれ100万円が贈呈される。

 大河正明チェアマンは賞金の分配について「バスケの場合はCSが非常に重要。(そこに)重みを持たせたいということでそこに5000万(を用意した)。50億円近い(Bリーグの)事業規模の中で、2億円近くを賞金にまわしたいなという計算」と説明している。

 前年までの優勝賞金と比較すると2015-16シーズンのNBLは1000万円、bjリーグが300万円となっており、大幅な増額となっている。

 Bリーグが発表した表彰規定は以下の通り。

●クラブ表彰
B1年間優勝:5000万円(チャンピオンシップにて優勝したクラブ)
B1年間準優勝:2000万円(チャンピオンシップにて準優勝したクラブ)
B1年間ベスト4:750万円(セミファイナルで敗退した2クラブ)
チャンピオンシップ出場クラブ:500万円(クォーターファイナルで敗退した4クラブ)
レギュラーシーズン・カンファレンス優勝:1000万円(レギュラーシーズンの各カンファレンスで1位になったクラブ)
B2年間優勝:1000万円(プレーオフにて優勝したクラブ)
B2年間準優勝:300万円(プレーオフにて準優勝したクラブ)
 
●リーダーズ表彰 ※各スタッツのランキングによって表彰対象者を決定する
B1得点王:30万円(レギュラーシーズン平均得点数が最多の選手)
B1アシスト王:30万円(レギュラーシーズン平均アシスト数が最多の選手)
B1リバウンド王:30万円(レギュラーシーズン平均リバウンド数が最多の選手)
B1スティール王:30万円(レギュラーシーズン平均スティール数が最多の選手)
B1ブロック王:30万円(レギュラーシーズン平均ブロック数が最多の選手)
B1ベスト3P成功率賞:30万円(レギュラーシーズン3ポイント成功率が最多の選手)
B1ベストFT成功率賞:30万円(レギュラーシーズンフリースロー成功率が最多の選手)

●個人表彰 ※選考委員会が下記の項目の表彰対象者を決定する
B1レギュラーシーズン最優秀選手賞:100万円(レギュラーシーズンで最も優秀な成績を収めた選手1名)
B1レギュラーシーズンベストファイブ:30万円(レギュラーシーズンで優秀な成績を収めた選手5名)
B1チャンピオンシップ最優秀選手賞:100万円(チャンピオンシップで最も優秀な成績を収めた選手1名)
B1ベスト6thマン:20万円(レギュラーシーズンで控えとして出場した試合で好成績を残した選手1名)
新人賞:20万円(レギュラーシーズンで最も活躍した新人選手)
ベストディフェンダー賞:20万円(レギュラーシーズンで最も優秀なディフェンスをした選手)
ベストダンクシュート賞:20万円(レギュラーシーズンで最もエキサイティングなダンクを決めた選手)
最優秀監督賞:30万円(レギュラーシーズンで最も優秀なヘッドコーチ)
最優秀審判賞:記念品(レギュラーシーズンで最も優秀な審判)

最終更新:10/5(水) 19:46

スポーツナビ