ここから本文です

富士通の「arrows M03」にソフトウェア更新 auの「非VoLTE」SIMが利用不可能に

ITmedia Mobile 10/5(水) 19:41配信

 富士通コネクテッドテクノロジーズは10月4日、SIMロックフリーAndroidスマートフォン「arrows M03」に初めてのソフトウェア更新を配信した。更新後のビルド番号は「V02R038C」となる。

【今回の更新で使えなくなるSIMカード】

 更新の主な内容は「特定のVoLTE非対応SIMを挿入した際の動作仕様変更対応」だ。しかし、富士通による更新告知ページでは、「特定のVoLTE非対応SIM」と「動作仕様変更」について明確な説明がなされていない。

 この記事では、富士通への取材と、筆者による実機検証を通して、今回の更新について解説する。

●特定のVoLTE非対応SIM=au Nano IC Card (LTE)

 LTE対応のSIMカード(回線契約)を、VoLTEに対応するか否かで区別しているキャリアは、国内ではau(KDDI・沖縄セルラー電話)と、au回線を利用するMVNO(仮想移動体通信事業者)だけとなる。

 つまり、「特定のVoLTE非対応SIM」とされているのは、VoLTE非対応回線の契約者に交付(貸与)される「au Nano IC Card(LTE)」(以下「黒SIM」)ということなる。

●本来は黒SIM“非対応”であるarrows M03

 富士通コネクテッドテクノロジーズでは、arrows M03でauのSIMカードを利用する場合、「『au VoLTE対応SIM』でのみご利用いただけます」としている。具体的には、以下の3つのカードにのみ対応している。

・au Nano IC Card 04(au純正回線用)
・au MVNO Multi IC Card(「UQ mobile」以外のMVNO用)
・UQ mobile Multi IC Card(UQ mobile専用)

 要するに、arrows M03は、本来は黒SIMに“非対応”なのだ。ところが、富士通によると、黒SIMでもデータ通信はできる状態になっていたという。

 黒SIMで利用した場合、当然VoLTEによる音声通話はできない。arrows M03はVoLTE非対応回線の通話で利用する「CDMA2000」という通信規格に非対応であるため、黒SIM利用時には音声通話機能や、それに付随する機能の一部が使えないことになる。

●今回の更新では黒SIMを“ブロック”

 今回のソフトウェア更新での「動作仕様変更」は、黒SIMを挿入すると、端末側で動作をブロックするというものだ。更新後のarrows M03に黒SIMを挿入すると、以下のメッセージが表示される。

au-SIMをご利用の場合、「au VoLTE対応SIM※」でのみご利用いただけます。※UQ mobile Multi IC Card、au MVNO Multi IC Card、au Nano IC Card 04※詳細につきましては、SIMカードご契約事業者様にお問い合わせください。

 このメッセージが表示された場合、「携帯電話オプション」の表示(電源キーの長押し)以外の操作は事実上できないようになっている。

●更新後は「黒SIM」からの交換が必須に

 今まで黒SIMでarrows M03を利用していた場合、ソフトウェア更新後に継続してモバイル通信を利用するにはVoLTE対応SIMカードへの交換(契約変更)が必要となる。SIMカードの交換や契約変更に当たっては、事業者が定める手数料がかかるので注意しよう。

最終更新:10/5(水) 23:17

ITmedia Mobile

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。