ここから本文です

【F1】「アゼルバイジャンGP」を希望するバクー

ISM 10/5(水) 17:48配信

 今年、バクー・シティ・サーキットで「ヨーロッパGP」の名前でF1グランプリが初開催されたが、同グランプリ主催者は、2017年から「アゼルバイジャンGP」に改称したいことを明らかにしている。

 アゼルバイジャンは今年6月、F1カレンダーでデビューを果たし、首都バクーの公道で行なわれたレースは公式的にヨーロッパGPと称された。

 しかし主催者は、来年のレースに向けて名称をアゼルバイジャンGPに変更するべく交渉を行っているという。

 サーキット広報は『GPUpdate.net』に「この件に関する交渉は続いており、バクー・シティ・サーキットは現在、変更の正式決定を待っているところだ」

 「2017年のレースに向けて名称変更する適切な時期だと考えている」と述べた。

 来年のバクーでのレースは、6月18日に第8戦として開催されることが暫定的に決定している。(情報提供:GP Update)

最終更新:10/5(水) 17:48

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています