ここから本文です

「“アレ”にならないソフトクリームの描き方」が目からウロコ ポイントは「巻き」の量と角度!

ねとらぼ 10/5(水) 23:32配信

 迷音's味ちろる(@ranocchio666_of)さんが書いた「ウ○コに見えないソフトクリームの描き方」が「分かりやすすぎる!」と話題になっています。

【画像】本物のソフトクリーム

 ソフトクリームといえばご当地ソフトや期間限定ソフトなど、地域ごとにいろんな味が楽しめるスイーツの代表格。しかし普通にイラスト化しようとすると、どうしても「ウ○コ」に見えてしまうという弱点を持っています。チョコレートソフトなんて説明が言い訳にしか聞こえないレベル。少年時代にチョコレートソフトをウ○コ呼ばわりした元男子諸君も多いはず。

 スイーツなのに汚物に見えてしまうという、悲しき運命を背負ったソフトクリーム……。

 その運命を嘆いた友人に「アレに見えないソフトクリームの描き方を教えてくれ!」と懇願され、迷音's味ちろるさんは困惑しながらもその違いを図説。ツイートでは基本となる形のほか、最大の特徴である「巻き」の量や角度の付け方など、描くときのポイントを紹介しています。なるほど、確かにソフトクリームってこういう形だった!

 間違いようのない書き分け方法に、Twitterでは感激の声が。これからは見間違いを心配することなく、気軽にソフトクリームが描けそうです。

最終更新:10/5(水) 23:32

ねとらぼ