ここから本文です

イチロー、マーリンズとの契約更新発表 球団社長「50歳までプレーしたいと言っている」

デイリースポーツ 10/6(木) 1:38配信

 大リーグ、マーリンズは5日、球団が選択権をもっていたイチロー外野手(42)の来季の年俸200万ドル(約2億700万円)の契約を更新するとともに、新たに2018年の契約を球団オプションとして加えると発表した。

 メジャー16年目の今季のイチローは143試合(先発62試合)に出場し、打率・291(327打数95安打)、出塁率・354、10盗塁、43得点をマーク。昨季同様、第4外野手として若い外野陣のサポート役に徹し、6月にはP・ローズのもつメジャー通算安打記録を超える日米通算4257安打を、8月にはメジャー通算3000安打を達成した。安打数を歴代25位の3030本まで伸ばした。

 この日、本拠地マーリンズパークで行われた記者会見に出席したサムソン球団社長は「イチローはフィールド上だけでなく、フィールド外でもチームに大きなものをもたらしている。マイアミに彼がいてくれることは光栄なこと」と敬意。44歳で迎える18年シーズンの契約を球団オプションとしてしたことには「イチローは50歳までプレーしたいと言っている。彼は本気でそう思っている。それは我々にとっても素晴らしいこと」などと説明した。

最終更新:10/6(木) 9:08

デイリースポーツ