ここから本文です

うどんの国の金色毛鞠×ふらいんぐうぃっちコラボイベントがマチ★アソビで

コミックナタリー 10/5(水) 23:10配信

篠丸のどか原作のテレビアニメ「うどんの国の金色毛鞠」と、石塚千尋原作のテレビアニメ「ふらいんぐうぃっち」が、10月8日から10日にかけて徳島で開催される複合エンターテイメントイベント「マチ★アソビVol.17」でコラボレート。キャストが出演するステージやお渡し会など、さまざまな催しが行われる。

【この記事の関連画像をもっと見る】

8日には「うどんの国の金色毛鞠」ポコ/モモ役の古城門志帆と、「ふらいんぐうぃっち」木幡真琴役の篠田みなみによるトークショーを眉山林間ステージにて実施。「マチ★アソビ」の期間中、東新町商店街の展示ブースには2作の設定画が並ぶ。8日には同ブースに古城門と篠田、「うどんの国の金色毛鞠」の宅野誠起監督が登場し、関連グッズの販売会やお渡し会を行う。

そのほか8日にはufotable CINEMAでも「うどんの国の金色毛鞠」の上映会とトークショーが実施される。こちらには古城門と宅野監督のほか、浜田吾郎/ガオガオちゃん役の黒田崇矢が出演。

さらに10月9、10日に作品の舞台である香川県で先行上映会が開かれることを記念し、9日には香川県高松市の琴平線瓦町駅にて、古城門と黒田による駅長体験イベントも行われる。ガオガオちゃんや、琴平線(ことでん)のキャラクター・ことちゃんの着ぐるみも登場予定。

「うどんの国の金色毛鞠」は実家のある香川のうどん屋に戻ってきた主人公・宗太が、人間の少年に化けられるタヌキのポコと過ごす日常を描くファンタジー。原作マンガは月刊コミック@バンチ(新潮社)にて連載されており、アニメは今月10月から、日本テレビ、西日本放送ほかにてオンエアされる。別冊少年マガジン(講談社)にて連載中の「ふらいんぐうぃっち」は、黒猫のチトと一緒に横浜から青森にやってきた魔女・真琴を主役としたファンタジー。アニメは4月から6月にかけて放映されていた。

うどんの国の金色毛鞠×ふらいんぐうぃっち マチ★アソビ特別コラボトークショー
日時:2016年10月8日(土)12:00~
会場:マチ★アソビVol.17 眉山林間ステージ
出演:古城門志帆(『うどんの国の金色毛鞠』ポコ/モモ役)、篠田みなみ(『ふらいんぐうぃっち』木幡真琴役)

うどんの国の金色毛鞠×ふらいんぐうぃっち コラボ設定画展示
期間:2016年10月8日(土)~10 日(月)
会場:マチ★アソビVol.17 東新町商店街 うどんの国の金色毛鞠×ふらいんぐうぃっち展示ブース

「うどんの国の金色毛鞠」グッズ特別販売会
日時:2016年10月8日(土)13:00~13:30
会場:マチ★アソビVol.17 東新町商店街 うどんの国の金色毛鞠×ふらいんぐうぃっち展示ブース
出演:古城門志帆(ポコ/モモ役)、宅野誠起(監督)

「ふらいんぐうぃっち」EDテーマ「日常の魔法」サイン入りCDジャケットお渡し会
日時:2016年10月8日(土)14:30~15:30
会場:マチ★アソビVol.17 東新町商店街 うどんの国の金色毛鞠×ふらいんぐうぃっち展示ブース
出演:篠田みなみ(木幡真琴役)

「うどんの国の金色毛鞠」上映+トークショー
日時:2016年10月8日(土)16:00~17:00
会場:ufotable CINEMA シアター1
出演:古城門志帆(ポコ/モモ役)、黒田崇矢(浜田吾郎/ガオガオちゃん役)、宅野誠起(監督)、柴宏和(アニメーションプロデューサー)、細井駿介(司会)

琴平電鉄 ポコでん出発式
日時:2016年10月9日(日)11:20~
会場:琴平電鉄瓦町駅
出演:古城門志帆(ポコ/モモ役)、黒田崇矢(浜田吾郎/ガオガオちゃん役)、ガオガオちゃん、ことちゃん

(c)篠丸のどか・新潮社/「うどんの国の金色毛鞠」製作委員会 (c)石塚千尋・講談社/「ふらいんぐうぃっち」製作委員会

最終更新:10/5(水) 23:10

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]