ここから本文です

山本英夫「殺し屋1」Tシャツ登場、デザインは泣き顔のイチと笑顔の垣原

コミックナタリー 10/5(水) 23:30配信

山本英夫「殺し屋1(イチ)」のTシャツが、アパレルブランド・ハードコアチョコレートの店頭や、同ブランドのオンラインショップなどで販売されている。

【この記事の関連画像をもっと見る】

週刊ヤングサンデー(小学館)に連載されていた「殺し屋1」は、元いじめられっ子だが超人的な身体能力を持つ殺し屋・イチを主人公とするバイオレンスアクション。2001年には三池崇史監督により実写映画化された。

Tシャツのデザインは主人公のイチの泣き顔を描いた「殺し屋1 THE KILLING MACHINE(イチ)」と、その怨敵・垣原が裂けた口で笑う「殺し屋1 KAKIHARA THE TERRIBLE(垣原)」の2種類が用意された。いずれのデザインもサイズは160からXXLまでの6種類で、価格は4100円。

最終更新:10/5(水) 23:30

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]