ここから本文です

【MLB】ブルージェイズが劇的勝利! “因縁”レンジャーズとの地区Sへ

ISM 10/5(水) 14:52配信

 トロント・ブルージェイズは現地4日、地元でのワイルドカードゲームでボルティモア・オリオールズと対戦。延長11回までもつれた熱戦をエドウィン・エンカーナシオン一塁手の劇的なサヨナラ3ランで5対2と勝利し、地区シリーズ進出を決めた。

 ブルージェイズは2回にホセ・バティスタ外野手のソロアーチで先制。4回に逆転されたが、5回にエゼケル・カレラ外野手のタイムリーで2対2の同点に追いつく。

 その後はブルペンも含めた両チームの投手陣が踏ん張ってゲームはこう着状態に。そして迎えた延長11回裏、ブルージェイズは1死から連打で一、三塁のチャンスを作ると、エンカーナシオンがウバルド・ヒメネス投手の初球を完ぺきにとらえてレフトスタンドへ特大の一発をたたき込んだ。

 一方、オリオールズは4回に指名打者マーク・トランボの2ランで一度は逆転したが、終わってみれば得点はこれだけ。絶対的な守護神ザック・ブリトン投手を使う機会をつかめないまま終戦となってしまった。

 ブルージェイズは、6日から始まる地区シリーズでダルビッシュ有投手の所属するテキサス・レンジャーズと対戦。昨年の地区シリーズでも顔を合わせ、今年5月にはバティスタとレンジャーズのルーグネッド・オドル二塁手が激しい乱闘騒ぎを起こした因縁の相手だけに、エンカーナシオンは「非常に面白いシリーズとなるだろう。俺たちはみんな、楽しみにしているよ」と語った。(STATS-AP)

最終更新:10/5(水) 14:52

ISM