ここから本文です

大黒摩季、『科捜研の女』主題歌書き下ろし 沢口靖子「大人の女性への応援歌」と絶賛

オリコン 10/5(水) 5:00配信

 8月に約6年ぶりに歌手活動を再開させたシンガー・ソングライターの大黒摩季が、テレビ朝日系人気ドラマ『科捜研の女』(20日スタート、毎週木曜 後8:00)の主題歌として、新曲「My Will ~ 世界は変えられなくても ~」を書き下ろして提供。復帰後初の作品となる全シングルを完全収録したベストアルバム『Greatest Hits 1991-2016 ~All Singles + ~』(11月23日発売)に収録されることが決定した。

『科捜研の女』主演の沢口靖子

 ドラマは、女優の沢口靖子が演じる京都府警察科学捜査研究所(通称・科捜研)の法医研究員・榊マリコを中心に、最新の科学捜査テクニックを駆使して事件の真相に迫る人気シリーズ。1999年のスタートから現行のテレビドラマでは最も長く続いており、第16シリーズがはじまる。

 ドラマの担当プロデューサーから、女優の沢口靖子演じる主人公・榊マリコが、輝いて見えるようなキラキラしたサウンド、そして「希望に満ちた」歌詞にしてほしいといったリクエストを受けた大黒は「私なりに“彼女の意志”が伝わるような作品にしたつもりです。なので、タイトルの『My Will』は、“私の意志”であると同時に、沢口さん演じる“榊マリコの意志=全ての働く女性たちの意志”でもあると思っています」と説明。「番組を観て、曲を感じて、自分の人生を否定しがちな疲れた心に、肯定的な光が降り注ぎますように」と願いを込めた。

 楽曲を聞いた沢口は即、気に入った様子で「大人の女性への応援歌! 『誰かと比べなければこの人生も悪くない…不器用でも自分らしく歩いてゆく♪』というフレーズが特に胸にジーンと染みました。とてもすてきな曲です!」とコメントしている。

 大黒は、2010年8月に重度の子宮疾患治療のため同年10月末をもって歌手活動無期限休止を発表。その間に東日本大震災の復興支援として、福島県須賀川市立第一小学校応援ソング「希望のうた~カワセミのように~」を在校生・教員と共に作詞を手がけたり、北海道夕張郡長沼町『長沼中学校』の新校歌「希望の丘」を寄贈するなどしてきた。TUBE、La PomPon、DISH//、アンティック珈琲店らに作品提供するなど、クリエイティブ活動は続けながら、復帰を目指した。今年6月、歌手活動再開を発表し、8月13日に地元・北海道で行われた『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2016 in EZO』を皮切りに、完全復活を果たした。

最終更新:10/5(水) 18:28

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]