ここから本文です

新垣隆氏、英名門レーベルから世界デビュー 徹子&たけしも激励

オリコン 10/5(水) 14:51配信

 作曲家・新垣隆氏(46)の新作『交響曲<連祷(れんとう)>-Litany-』が11月16日に発売されることが明らかになった。2014年“ゴーストライター騒動”で話題となった『交響曲 第1番<HIROSHIMA>』から13年ぶりに書き下ろされた新作シンフォニーとなる同作は、英国の名門クラシックレーベル・Decca(デッカ)からの世界配信も決定。騒動から2年半の時を経て、遂に世界デビューを果たすこととなった。

【写真】まるで別人!? 美人ヴァイオリニストとコラボしたクールな新垣氏

 今作は、佐村河内守氏の依頼によって書かれた『HIROSHIMA』をめぐる騒動を受け「もう一度、自分の意志によって『ヒロシマ・ナガサキ』そして『フクシマ』に向かい合う」というコンセプトのもと、戦禍から平和への“祈り”を込め書かれたという。演奏は東京室内管弦楽団で、新垣氏が自らタクトを振ったコンサートをライブレコーディングしている。

 新垣氏は今作の世界配信について「私にとってDeccaは『クラシック音楽』の代名詞であり、その数々の名盤から音楽を識(し)り、『世界』を識ったのだった。そのDeccaから私の音楽が配信されるということは、はかりしれぬ喜びと同時に、自分が世界に対して大きな責任を背負うことでもあるだろう」と喜びと決意を語った。

 新垣氏の“世界デビュー”を祝し、芸能界の大物からもコメントが到着。黒柳徹子は「私は、悲しみを、のりこえようという祈りを聞いた。世界の人に聞いてもらいたい!」と楽曲の魅力を熱弁。

 ビートたけしは「新垣さんはずるいよ。一見、まるでキートンのようなクラウン(道化師)を演じながら、心の中ではずーっとファイティングポーズを取り続けている。ゴーストライター騒動から最初の作品がヒロシマやフクシマをテーマにするなんて、まったく。なんて度胸だ!」と新垣氏の新たな一歩を“激励”している。

最終更新:10/5(水) 15:21

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]