ここから本文です

【イベントレポート】上白石萌音、『君の名は。』新海誠監督からの言葉に嬉し涙。Mステ初出演も決定

BARKS 10/5(水) 21:57配信

上白石萌音のデビューミニアルバム『chouchou』(10月5日発売)の発売記念イベントが10月4日に東京・池袋サンシャインシティ噴水広場にて行われた。

◆上白石萌音 画像

自身がヒロイン役を務めている映画『君の名は。』が興行収入130億円、観客動員1000万人を突破しているなか、CDデビューを果たす上白石。この日のフリーライブでは映画主題歌・挿入歌のカバー集となっているミニアルバム『chouchou』から4曲を披露した。

ライブは上白石にとって人生を変えた1曲となった「On My Own」のアカペラからスタート。「初めまして、上白石萌音です。一生に一回のデビュー記念ライブということで、わたし人が来るか心配だったんですよ! こんなにたくさんの方に来ていただいて、本当にありがとうございます。という初々しい挨拶から始まり、続いて自身出演のMVを箭内道彦がプロデュースした「366日」をアコースティックギターの伴奏で歌い上げる。「この曲は大人の恋愛っていうイメージがあったんですが、今回は“初恋”っていうエッセンスを加えてみることにしました」と上白石。

そして映画『君の名は。』主題歌の一つである「なんでもないや(movie ver.)」を披露。映画のメイン登場人物2人になぞらえ、「この曲すごく不思議なんですけど、最初は三葉の気持ちで歌い始めても、途中から瀧の気持ちになっちゃうんですね。2人のための曲だし、2人のことを歌った曲なんだなってすごく思って、大切な曲です」と思いを語った。最後は全曲英歌詞の「SMILE」と披露し、会場の観客は彼女の感情表現力豊かな歌声にじっと聴き入っていた。

また、ライブ後にはMCを務めたニッポン放送の吉田尚記アナウンサーが登場し、上白石へのサプライズとして映画『君の名は。』の新海誠監督からのお祝いのメッセージを音声で披露した。

   ◆   ◆   ◆

■新海誠(『君の名は。』監督)コメント

萌音ちゃん、歌手デビュー、「chouchou」発売、おめでとうございます! アニメーション監督の新海誠です。
神木隆之介くんは君の声を「バイカル湖のように世界一透明だ」と表現し、RADWIMPSの洋次郎さんは、「疲れた体を包む毛布のようだ」と言っていました。僕は、萌音ちゃんの声は細くて長い針のようだと思います。知らない間に差し込まれて、心の奥の柔らかな部分をそっと刺すような、甘く懐かしくて、愛おしい痛みをもたらす声です。

萌音ちゃんの歌声を初めて聴いた時、「この人は歌うべき人なのだ」と、すこしの寂しさと共に強く思いました。萌音ちゃんが感じた世界の輝きを、この先もどうか僕たちに伝え続けてください。僕たち『君の名は。』チームは、萌音ちゃんが世界のどこにいても、ずっと君を応援しています。

   ◆   ◆   ◆

思わず目元をうるませた上白石は「歌手デビューするってなったときに、いいのかなって思って、私は本当に歌が好きだけどただ好きで好きでやってきて、誰に聴かせるためでもなく自分が楽しければいいって思ってやってきて、歌手になるって夢があったわけでもなくて、それなのにいいのかなって思って。でも、いいのかなって思えました。「歌うべき人だ」って言っていただけて、そう言ってくださる方が一人でもいるんだったら、その人のために歌おうって思いました」とコメント。新海監督や周囲の人々への感謝をあらためて口にした。

さらにサプライズはこれだけでなく、彼女が10月14日に放送される『ミュージックステーション』へ生出演することも発表された。上白石にとっては初の音楽番組での歌唱となる。会場からは彼女を祝うこの日一番の大きな拍手が湧き起こり、上白石が一人一人へと笑顔を向けつつフリーライブを終えた。

■TV出演情報
10月14日(金) テレビ朝日系「ミュージックステーション」 生出演
※歌番組で初めての歌唱となります。歌唱曲『なんでもないや(movie ver.)』
10月16日(日) NHK総合「シブヤノオト」 生出演

■上白石萌音 出演情報
2016年8月26日公開『君の名は。』(東宝)宮水三葉役
2016年11月5日公開『溺れるナイフ』(ギャガ)松永カナ役

上白石萌音 メジャーデビューカバーミニアルバム『chouchou』

2016年10月5日発売
PCCA-04426 /¥1,800(tax in)

[収録カバー曲](順不同)
366 日 (映画「赤い糸」主題歌)
なんでもないや(movie ver.)(映画「君の名は。」主題歌)
Woman "Wの悲劇“より (映画「Wの悲劇」主題歌)
On My Own (映画「レ・ミゼラブル」劇中歌)
変わらないもの (劇場版アニメーション「時をかける少女」挿入歌)
SMILE (映画「Modern Times」挿入歌)

最終更新:10/5(水) 21:58

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]