ここから本文です

片岡愛之助、「元愛人を披露宴招待」報道に首かしげる

オリコン 10/6(木) 16:57配信

 歌舞伎俳優の片岡愛之助が6日、都内で行われたオリジナル時代劇『鬼平外伝最終章 四度目の女房』完成披露試写会に出席。きょう発売の『週刊文春』で、先月28日に行われた女優・藤原紀香との披露宴に、元愛人とされる女性を招待したと報じられた件について、報道陣から質問を受けると、首をかしげながら両手を上げるしぐさを見せた。

【写真】幸せオーラ全開!キラリと光る指輪を披露した愛之助と紀香

 写真撮影の際、共演者の前田亜季からバラの花束をプレゼントされ、観客から「結婚おめでとう!」と祝福された愛之助。退場時にはファンサービスを見せていたが、報道陣から「記事について何か?」と求められると、苦笑い。続けて「紀香さんは怒ってないですか?」と追求されると、首を横に振りながらその場をあとにした。

 報道によると、女性が知人の紹介で愛之助の楽屋を訪れたことをきっかけに知り合い、交際へと発展。2013年にタレント・熊切あさ美と交際宣言したことで疎遠になったというが、同誌には今回の披露宴で撮影された愛之助、紀香、元愛人とされる女性の3ショット写真が掲載されている。

 時代劇専門チャンネルとスカパー!による、池波正太郎原作のオリジナル時代劇「鬼平外伝」シリーズの最新にして最後となる同作。盗賊を主人公に、互いを想い合いながらも江戸の闇社会に切り裂かれてしまった男女の命運が描かれる。

 司会者から「結婚したことで今回の演技でプラスになったことは?」と聞かれると、「生かされたのは“愛”でしょうね。正しい愛もあれば、歪んだ愛もあるんですけど、この四度目の女房だけは違うんだっていう思い。今回は、そのピュアな愛が描けたと思いますね」と力を込めていた。

 試写会にはそのほか、前田亜季、山本陽子も出席。BSスカパー!で、9日の午後1時から放送される。

最終更新:10/7(金) 8:13

オリコン