ここから本文です

キンタロー。社交ダンス日本代表に決定 『金スマ』企画で快挙

オリコン 10/6(木) 11:00配信

 ピン芸人のキンタロー。がTBS系『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(毎週金曜 後8:57)の企画「金スマ社交ダンス」で、今夏行われた社交ダンスの世界選手権出場をかけた大会に出場し、優勝したことが5日わかった。パートナーのロペスことお笑い芸人・岸英明とともに、2017年秋に行われる世界選手権に日本代表として出場する。7日放送の『中居正広のキンスマスペシャル』(後8:57~11:09)では、優勝を果たしたキンタロー。の約3年にわたる過酷な道のりを特集する。

【写真】世界選手権出場をかけた戦いに挑んだキンタロー。、ロペス(岸英明)ペア

 挑戦がスタートしたのは2013年の7月。キンタロー。がTBS山本匠晃アナウンサーに社交ダンスを教えたことがきっかけでペアを組み、アマチュアの競技会(ラテン部門)に出場。数字級と呼ばれる「2級戦」でデビューウインを飾る。その後はさらに上の「アルファベット級」でも次々に優勝を飾り、最高峰のクラスA級にわずか1年半で昇格し、翌14年の大会では日本ランキング36位となる快進撃をみせた。

 しかし、キンタロー。とのレベル差を痛感した山本アナが“レベルアップ”のためペアを解消。その後自らオーディションを行い、競技ダンスの経験者・ロペスという心強いパートナーを得たキンタロー。は、世界選手権出場への決意を新たにし、日本代表の座をかけた過酷な戦いに挑むのだった…。

 優勝を果たしたキンタロー。は「とても厳しい試合でした」と戦いを振り返り、「たくさんの方の声援をもらい優勝できて、自分が見たかった景色をもう一度見ることができたことに感動しています。父と母にもこの姿見せたかったです」としみじみ。

 来年に控える世界選手権へは「日本代表として他の選手たちの思いも全部背負って、恥ずかしくない試合をしたいと思います。目標は来年の世界選手権で決勝の舞台に立つことです」と善戦を誓った。

最終更新:10/6(木) 11:27

オリコン