ここから本文です

ワイン評論家が家業のワイナリー再建に奮闘、全編ブルゴーニュ撮影の映画

CINRA.NET 10/5(水) 18:43配信

映画『ブルゴーニュで会いましょう』が、11月19日から東京・渋谷のBunkamuraル・シネマほか全国で公開される。

【もっと画像を見る(2枚)】

全編にわたってフランス・ブルゴーニュ地方で撮影されたという同作。パリで著名なワイン評論家として活躍するシャルリが、実家であるワイナリーの倒産危機に際して帰郷し、久しぶりに会う家族と衝突しながらも、最高のワイン作りを目指すという物語だ。

父に反発しながらワイン造りに情熱を傾けていくシャルリ役を演じるのは、2014年の映画『イヴ・サンローラン』で監督を務めたジャリル・レスペール。不器用な父フランソワ役をジェラール・ランヴァンが演じる。監督・脚本を務めるジェローム・ル・メールは、同作が2作目の長編監督作となる。

CINRA.NET

最終更新:10/5(水) 18:43

CINRA.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]