ここから本文です

ついにスバル「WRX S4」にSTIコンプリートカー「tS」が登場!

オートックワン 10/5(水) 11:50配信

「S207」の走りを受け継ぐ究極のスポーツセダン

スバルは、即日完売したあのSTIコンプリートカー「WRX STI S207」の走りのテクノロジーを受け継いだ「WRX S4 tS」を、10月4日から2017年3月12日まで期間限定で発売する。

>>WRX S4 tS/WRX STI S207の写真を見る

特別仕様車「WRX S4 tS」を手掛けるのは、スバルのモータースポーツ部門を受け持つスバルテクニカインターナショナル(STI)だというから、おのずと期待も高まる。

「WRX S4 tS」は、先進安全機能であるアイサイト ver.3、アドバンスドセイフティパッケージを搭載。最高の走りと最上の安心を融合した、究極のアスリートモデルを目指した。

パワーユニットは通気抵抗を低減した吸排気系の採用し、加速中の過渡エンジントルクを最大約10%向上(STI測定値)。また、オイルクーラーを追加するなどスポーツリニアトロニック(CVT)のクーリング性能を強化し、耐力を向上。WRX S4が従来持つパワーユニットのポテンシャルを更に高めた。

気になる価格は!?

足回りは「WRX STI S207」に採用した可変減衰力サスペンションDampMatic IIを装備し、快適な乗り心地と、ハードなコーナリングにおける操縦安定性を両立させた。

フロントブレーキにはブレンボ製対向4ポットブレーキを採用して制動能力を向上させたほか、VDCとアクティブトルクベクタリングは専用の前後2輪制御とすることで、旋回時のライントレース性能を高めた。

更に、STI製のフレキシブルタワーバー(フロント)、フレキシブルドロースティフナー(フロント)、ピロポールブッシュリアサスリンク、フレキシブルサポートサブフレームリアを装備。ハンドルを切った瞬間の応答性を高めた。

エクステリアはSTI製BBS19インチ鍛造アルミホイール(シルバー)をはじめ、メッシュタイプフロントグリル(チェリーレッドストライプ、STIオーナメント付)、大型フロントアンダースポイラー、ブラックルーフアンテナ(シャークフィンタイプ)、STIオーナメント付サイドガーニッシュ、チェリーレッドストライプ入りリアバンパーを専用装備。

鍛え上げられたアスリートのように美しく、機能的なスタイリングとした。

インテリアにもセミアニリンレザーを使用したSTI製RECAROバケットタイプフロントシートやSTIロゴ入りルミネセントメーターをはじめとした専用装備を随所に採用。上質感と機能性を融合させた、スポーティな室内空間を実現した。

価格(消費税込)は、「WRX S4 tS」が496万8000円、「WRX S4 tS NBR チャレンジパッケージ」が529万2000円となる。

1/2ページ

最終更新:10/5(水) 11:50

オートックワン

なぜ今? 首相主導の働き方改革