ここから本文です

女性職員の車に投石 ストーカー規制法違反も視野 千葉県警、容疑のJA支所長逮捕

千葉日報オンライン 10/5(水) 11:25配信

 同じ組合に勤務する女性職員の車に石を投げつけたとして、千葉県警成田署は4日、器物損壊の疑いで横芝光町、山武郡市農業協同組合(JA山武郡市)上堺支所長の男(55)を逮捕した。

 逮捕容疑は9月23日午後8時15分ごろ、富里市内に住む同JAの職員女性(24)の駐車場で、乗用車にこぶし大の石を投げつけ、ボンネットを損壊させた疑い。

 同署によると、女性は6月ごろから乗用車に液体をまかれたり、駐車場に釘やコップなどの不審物が置かれたりする被害を受けていた。同署が防犯カメラを設置するなどして捜査した結果、男が浮上。10月3日になって再び女性宅周辺に現れたところを、張り込み中の同署員が職務質問し、容疑を認めたため逮捕した。

 男と女性は同じ組合の仕事上の付き合いがある程度だったという。男は「連絡を無視され腹が立った」などと供述しており、同署は一方的に思いを募らせた上の犯行とみて、ストーカー規制法違反の容疑も視野に入れ、過去の不審物などについて関連を捜査する。

 JA山武郡市本所総務部は「状況を確認しているが事実であれば厳正に対処する」としている。(本紙、千葉日報オンラインでは実名報道)

最終更新:10/5(水) 12:21

千葉日報オンライン