ここから本文です

【MLB】田中将大、米メディア選出の今季MLBトップ100入り ア・リーグ投手で4位

Full-Count 10/5(水) 7:10配信

全体33位&ア投手4位にランクイン、「タナカはキャリア最高のシーズン」

 メジャーリーグは2日(日本時間3日)にレギュラーシーズンの全日程が終了した。米CBSスポーツ(電子版)は、今季のMLBプレーヤー「トップ100」を選出。日本人選手では、ヤンキースのエースとして先発ローテーションを牽引した田中将大投手が唯一、100位以内に入っている。

田中将大のNPB・MLBでの年度別通算成績

 田中は今季、自己最多の31試合に登板し、14勝4敗、防御率3.07。右前腕の張りもあり、シーズン最後の2登板を回避する形となったが、防御率はリーグ3位の好成績だった。目標としていたシーズン200イニングにはわずか1/3イニング届かなかったものの、199回2/3と初めて規定投球回にも到達。負傷で途中離脱した過去2シーズンから大きな進歩を見せた。

 投手と野手が混在した今季の“リアル”なトップ100では、田中は33位に登場。今季は特に序盤に苦しんだレッドソックスのデビッド・プライス(94位)、急逝したマーリンズのホセ・フェルナンデス(44位)、レンジャーズのコール・ハメルズ(40位)、ホワイトソックスのクリス・セール(36位)といった各球団のエースや、防御率1位の3.00をマークしたブルージェイズのアーロン・サンチェス(43位)ら好投手を上回った。

 寸評では、「タナカはイニング数と失点阻止指標の面で、キャリア最高のシーズンを終えた。制球力の指標も引き続き堅調だ」と評価。ピンチで粘り強さを発揮する日本人右腕の投球は1年を通して光った。ア・リーグの投手では、インディアンスのコリー・クルーバー(12位)、レッドソックスのリック・ポーセロ(17位)、タイガースのジャスティン・バーランダー(18位)に次ぐ4番手だった。

今季のMLBトップ20の顔ぶれは?

 田中と同様にシーズンを通して先発ローテーションを守った岩隈久志投手(マリナーズ)やルーキーの前田健太投手(ドジャース)はトップ100には入らず。また、序盤戦は打者の活躍が光った韓国人プレーヤーは、シーズン中盤以降は失速が目立ち、トップ100には1人も入らなかった。

 上位20人は以下の通りとなっている。

20、ブライアン・ドジャー内野手(ツインズ)

19、ジョーイ・ボット内野手(レッズ)

18、ジャスティン・バーランダー投手(タイガース)

17、リック・ポーセロ投手(レッドソックス)

16、コリー・シーガー内野手(ドジャース)

15、ジョニー・クエト投手(ジャイアンツ)

14、ダニエル・マーフィー内野手(ナショナルズ)

13、ジョン・レスター投手(カブス)

12、コリー・クルーバー投手(インディアンス)

11、カイル・ヘンドリックス投手(カブス)

10、ノーラン・アレナド内野手(ロッキーズ)

9、マニー・マチャド内野手(オリオールズ)

8、ロビンソン・カノ内野手(マリナーズ)

7、マディソン・バムガーナー投手(ジャイアンツ)

6、マックス・シャーザー投手(ナショナルズ)

5、ジョシュ・ドナルドソン内野手(ブルージェイズ)

4、クリス・ブライアント内野手(カブス)

3、ホセ・アルトゥーベ内野手(アストロズ)

2、ムーキー・ベッツ外野手(レッドソックス)

1、マイク・トラウト外野手(エンゼルス)

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:10/5(水) 10:56

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。