ここから本文です

ゲス川谷批判、止まず…必ず戻ってくる発言に「反省してない」火に油を注ぐ

MusicVoice 10/5(水) 0:35配信

 既に案内されている公演を終えた後に当面の活動を自粛することが発表された「ゲスの極み乙女。」と「indigo la End 」。その理由は、両バンドに所属する川谷絵音が、新恋人で当時未成年だったタレントと飲酒していたことことが発覚したため。その川谷は自身のツイッターに「必ず戻ってくる」と活動への意気込みを伝えたが、これがネット上で火に油を注ぐ結果となり、大きな批判が巻き起こっている。

【写真】発売が一旦中止となった、ゲスの極み乙女。のフルアルバム『達磨林檎』

 川谷率いる両バンドの公式サイトによると、「『indigo la End』および『ゲスの極み乙女。』のヴォーカリストである川谷絵音が未成年者と飲酒をしていた事実がありました」と、週刊誌で報道された川谷の未成年者との飲酒が事実であることを認め、バンド活動を自粛することを発表した。

 1月に歌手でタレントのベッキーとの不倫騒動が巻き起こった川谷。5月に元妻との離婚が成立したが、ベッキーが芸能活動に本格復帰できない一方、自らはバンド活動に積極的に取り組み、ネット上では非難の声が挙がった。さらに、先月には週刊誌で新恋人発覚が伝えられ、批判に拍車をかけていた。

 その新恋人が19歳のタレント・ほのかであることが別の週刊誌で報じられると同時に、川谷には未成年者との飲酒が伝えられた。ほのかは自身が出演するテレビ番組や舞台を降板。川谷を糾弾する声が高まる中、所属事務所と川谷、バンドメンバーらで協議した結果、今回の“活動自粛”に至った。

 一連の川谷に対する世間の辛辣な声は、ここで一つの決着を迎えるかに思われたが、公式サイトでの発表後、自らのツイッターでコメントした川谷にはさらなるバッシングが待っていた。

 川谷はツイッターで、12月3日のライブをもって“活動自粛”することを報告した後、「いつも応援してくれているファンの皆様、本当に申し訳ございません」と詫びたうえで、「必ず戻ってくるので、待っていてください」とコメント。これは川谷がファンにバンド活動への意気込みを伝えたものと思われるが、ネット上で大きな波紋を呼ぶことにつながった。

 ツイッターなどSNS上には、「不祥事での活動自粛なのに『必ず戻ってくる』って自分で言うのおかしくないかい?」「『必ず戻ってくる』ってもはや自分がボスでも倒しに行くようなノリ」「かなり微妙なんだけど…反省どころか全く悪いと思ってなさそうだわ」「反省ゼロ。悲劇の主人公気取りか?」「活動『自粛』なのに『必ず戻ってくる』ってあたかも自分の意志でないような言い方、なにも反省してないな」などの声が溢れ、火に油を注いでいる。

 また、活動を自粛するのが12月3日のライブ以降となることにもファンは厳しい声を寄せる。4日に放送されたフジテレビ系『バイキング』では、タレントのヒロミが「いま休止するんだったら反省しているんだなと思うけど、12月までやって、そこから休止ってなんか、アーティストによくある話」などと巷間の声を代弁するかのように、反省の姿勢が見えないと苦言を呈する一幕もあった。

最終更新:10/5(水) 3:12

MusicVoice