ここから本文です

さらば第1ターミナル 福岡空港 47年の歴史に幕

qBiz 西日本新聞経済電子版 10/5(水) 11:03配信

 福岡空港(福岡市博多区)の国内線ビル全面改修工事で解体される第1ターミナルビルが、4日で閉館した。航空会社は開業から47年の感謝の気持ちを込めて乗客を見送った。

【福岡空港の遅延率13.62%】 羽田に次いでワースト2位のワケ

 日本航空は第1ビルが開業した1969年以降にデザインされた女性社員の制服を披露し、宮崎行き最終便の搭乗案内をした。中野直人福岡空港支店長は「皆さんの思い出は新ビルに受け継がれていくと思う」と謝辞を述べた。

 全日本空輸は対馬、新潟便の乗客に記念品を配布。74年から36年にわたって乗降客を案内した平野公子さん(62)は「国際線が同じターミナルだった時代もあった。閉館は寂しいが、安全と利便性と快適さを兼ね備えた空港であり続けてほしい」とあいさつした。

 第1ビルの発着便は5日から第2、第3ビルに集約される。

西日本新聞社

最終更新:10/5(水) 11:03

qBiz 西日本新聞経済電子版