ここから本文です

【インタビュー】ノラ・ジョーンズ、再び「ジャズ」と向き合い「原点回帰」―― 4年半ぶりの最新作『デイ・ブレイクス』をリリース

トレンドニュース(GYAO) 10/5(水) 11:50配信

ノラ・ジョーンズが、およそ4年半ぶりの最新アルバム『デイ・ブレイクス』を10月5日にリリースする。グラミー賞を受賞したデビューアルバム『ノラ・ジョーンズ(原題: Come Away With Me)』以来、実に15年ぶりにピアノで作曲をおこなったという本作は、デンジャー・マウスをプロデューサーに迎えた前作『Little Broken Hearts』の「オルタナティヴ路線」から一転、改めて「ジャズ」と向き合った「原点回帰」とも言える内容で、ウェイン・ショーター(サックス)やドクター・ロニー・スミス(オルガン)らスウィング界のレジェンドたちをゲストに迎えたり、ホレス・シルヴァーの「ピース」やデューク・エリントンの「アフリカの花」、意外なところではニール・ヤングの「ドント・ビー・ディナイド」をカヴァーしたりと、「ジャズ色」を強めながらも、そこに収まりきれない内容に仕上がっている。

ノラ・ジョーンズ「キャリー・オン」配信中>>

今回プロモーションのため来日し、「ブルーノート東京」で一夜限りのショーケースライヴもおこなった彼女に、新作アルバムについて聞いた。

■ いい曲は常に生き続けていて、時によって違うフィーリングを人に与えるものだと思う

ーーおよそ4年半ぶりとなる今作『デイ・ブレイクス』は、久しぶりにジャズ色の強いアルバムとなりました。これは、2014年5月にワシントンDCの「ケネディ・センター」で開催されたブルーノート・レーベル75周年コンサートで、マッコイ・タイナー(ピアノ)やウェイン・ショーター(サックス)、ドクター・ロニー・スミス(オルガン)、ロバート・グラスパー(ピアノ)らと共演した経験が大きかったそうですが、そのときの感想をお聞かせください。

ノラ:とても感銘を受けたし、彼らとまた一緒にプレイしたいという気持ちになった。でも、そのためにはまず曲を書かなきゃと思って、少しずつ曲をストックしていったの。それらを整理しつつブラッシュアップしていくうちに、アルバム1枚分のボリュームになっていったわけ。

ーージャズを基調としつつ他の音楽的要素もちりばめられた、シンプルながら情報量の多い作品ですよね。

ノラ:ええ、私もそう思う。曲を作っている間はジャズ以外の音楽もたくさん聞いたし、そこからのエレメンツも無意識のうちに入り込んでいるはずよ。曲作りのときにある程度方向性を決めて取り掛かっても、進めていくうちにだんだん別の方向性が見えてきて、気が付いたら全く予想もつかない場所へ着地することもしばしばあったから。

ーー多くの曲は、ピアノで作曲したそうですね。

ノラ:そう。これまではエレキギターで書くことが多かったのだけど、数年前にチャリティーワークなどで、ピアノの弾き語りをする機会が多くなって。それで練習しているうちに、ピアノにインスピレーションを受けることが多かったの。自宅のピアノはキッチンにあって、子供を寝かしつけた夜中によく弾いていたわ。

ーー15年ぶりにピアノで作曲してみて、何か発見したことはありますか?

ノラ:私はピアノに比べてギターがあまり得意ではないので、使えるコードの数も限られているの。でも、その中で工夫しているうちに全く予想もしなかったアイデアが浮かんでくることがあって、それが楽しくて今までエレキギターで曲を作っていたの。ピアノはもっと自由に弾けるので、いつもより楽しい気分で作曲ができたと思う。

ーー歌詞の内容は、幸せの中に悲しさが含まれていたり、あるいはその逆だったり、聞く角度によって違った印象を聞き手に与えるものが多いと感じました。

ノラ:それはうれしい感想だわ。数年前に書いた曲が、今聞き返すとまた違った意味を持つことは私自身もあるし、いい曲は常に生き続けていて、時によって違うフィーリングを人に与えるものだと思うから。

1/3ページ

最終更新:10/5(水) 11:50

トレンドニュース(GYAO)