ここから本文です

【シン・ゴジラ】まとめサイトが流した「北米で酷評の嵐」は本当か?

BuzzFeed Japan 10/5(水) 10:50配信

映画「シン・ゴジラ」が“北米で酷評の嵐”だとする記事を、まとめサイト「俺的ゲーム速報@刃」が掲載。見出しに反応した人々がSNSで拡散している。「シン・ゴジラが北米で酷評されている」のは事実か?【BuzzFeed Japan / 井指啓吾、山光瑛美】

【写真】嘘?本当? 合成かと疑いたくなる8選

この記事の元になったらしい英語圏の掲示板サイト「Reddit」には、米国時間9月27日にテキサス州オースティンで開かれた映画祭「Fantastic Fest」でシン・ゴジラを鑑賞した(とされる)人々の感想が載っている。

まとめサイトはその一部を抜き出して「酷評の嵐」と伝えた。

感想の中には、酷評が確かにある。とりわけ、ゴジラの登場シーンが少ないことに対する不満が多い。

しかし、そういったネガティブな感想が大部分を占めているわけではない。

具体的には、リンク先で紹介されている「34」の感想の内、ポジティブだと判断できるものが「25」、ネガティブだと判断できるものが「6」、どちらか判断できないものが「3」あった。

劇中の多くを占める政治家や官僚の会話シーンについては、退屈だったとするコメントがある一方、興味深く鑑賞していたことがわかるコメントもある。

全体的に見て、「酷評の嵐」とするのは表現が行き過ぎているように見える。

コメントの誤訳or捏造?

まとめサイトで紹介されている感想の中には、誤訳か意図的な行為かはわからないが、元になったと見られる英文と意味が異なるものがあった。

たとえば、「注意喚起、シンゴジラは驚異的なクソ映画です。」という感想。

この元の英文は、「Heads up - Shin Godzilla is fucking phenomenal.」で、これを日本語に正しく訳すと「(ポジティブな表現として)注意喚起、シンゴジラはクソすごい」となる。

Reddit以外での評価は

シン・ゴジラの北米での上映は、Fantastic Festが初めてだった。今後、10月11日から18日まで、440館以上で上映される予定であり、まだ鑑賞していない人がほとんどだ。

Fantastic Festでの上映後、北米発の大手ゲーム・エンタメ情報サイト「IGN」が、シン・ゴジラのレビュー記事を掲載した。

「一部のファンは、ゴジラが映る時間の短さに失望し、映画の中心となる官僚制度の複雑さに混乱するかもしれないが、最終的にすべては良い方向にいっている」と評し、10点満点で「8.5」の高得点を付けている。

そのほか、米国のウェブサイトを見ると、映画評論家によるレビューをまとめた「Rotten Tomatoes」では、平均点が10点満点で「6」。

Amazon.comが運営する「IMDb」でのレビュー平均点は、10点満点で「7.8」を付けている(いずれも10月4日時点での点数)。現時点で、評論家やユーザーによるレビューは、おおむね好評だ。

これらを踏まえると、まとめサイトによる「酷評の嵐」は言い過ぎだろう。

最終更新:10/5(水) 13:28

BuzzFeed Japan