ここから本文です

即戦力か育成か― いよいよ20日ドラフト会議、各球団の狙いは?

Full-Count 10/5(水) 10:28配信

各球団の補強ポイントは? 25年ぶりセ制覇の広島は先発投手か

 10月20日にドラフト会議が行われる。今年も好投手が揃っており、即戦力投手はどの球団も喉から手が出るほど欲しいに違いない。大学・社会人では10年に1度の逸材とまで言われる本格派右腕、創価大・田中正義投手が競合必至。ドラフト1位候補には明大の300奪三振右腕・柳裕也投手、桜美林大の佐々木千隼投手、キレのあるスライダーを投げる広島出身の社会人東京ガス・山岡泰輔投手らの名前も挙がる。

過去10年の各球団ドラフト指名選手一覧

 また、高校生投手も1位候補がズラリ。履正社の左腕・寺島成輝や甲子園V腕の作新学院・今井達也、松坂、涌井レベルの横浜高本格派右腕・藤平尚真、今夏に評価を上げた花咲徳栄の左腕・高橋昂也らが高評価を受けている。ほかにも全国各地に逸材が散らばっており、投手ではなく野手1本釣りするならば、日大の京田陽太内野手、中京学院大の吉川尚輝内野手の即戦力野手も見逃せない。

 ここで各球団の補強ポイントがどこにあるのか、見ていきたい。

【セ・リーグ】

〇広島

 今年25年ぶりの優勝を果たしたチームは菊池や丸、田中、鈴木ら野手の主力のほとんど20代。補強ポイントを挙げるとするならば、先発投手だろう。16勝の野村、15勝のジョンソン、10勝の黒田の3枚が奮闘。ここに続くのが日本人投手では福井の5勝、新人の岡田、戸田の4勝、大瀬良、藪田の3勝。勝ち星は伸びなかったが、力のある投手たち。ここに即戦力右腕が1枚入り、しのぎを削るような形になれば、さらに盤石な投手陣が作れる。一方でこれだけの大学・社会人出の投手が揃っているため、高校生投手に踏み切る可能性も捨てきれない。

〇巨人

 昨年に続き2年連続でリーグ優勝を逃した。投打ともに課題はあるが、ドラフト1位はやはり即戦力のローテ候補となる可能性が高い。昨年の今頃は来年(2016年)に計算できるローテーション投手は菅野とマイコラスのみと言われていた。結果的にそこに3年目左腕の田口が10勝を挙げて加わった。来年はこの3人を軸に投手陣の若返りが必須となる。昨年のドラフト1位右腕・桜井も肘のケガから復帰。万全ならば来季は十分のローテに入る力は持っているため、先発の底上げをしたい。

1/3ページ

最終更新:10/5(水) 13:28

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。