ここから本文です

【高校野球】履正社が初の国体制覇! 広島新庄との打撃戦制する

Full-Count 10/5(水) 12:28配信

履正社の打線が爆発! ドラフト候補の寺島が試合を締める

 岩手国体高校野球が5日、決勝戦が岩手県営野球場で行われ、履正社(大阪)が広島新庄(広島)を14-6で破り、優勝した。今秋のドラフト候補の寺島成輝、山口裕次郎が、有終の美を飾った。

過去10年の各球団ドラフト指名選手一覧

 両チームともに、背番号1のエース、寺島(履正社)、堀瑞輝(広島新庄)はそれぞれ準決勝で登板したことが考慮され、ベンチスタートとなった。広島新庄は履正社の2年生右腕の竹田祐を攻めて、初回に杉村泰嘉のタイムリーから4得点。その裏、2年生4番の安田尚憲が無死満塁から犠飛、竹田自らが適時打を放ち、3点を返した。ここから取って取られての攻防だった。

 4-4の3回から履正社は左腕の山口が登板。無失点で切り抜けると、その裏、負傷でベンチスタートになった正捕手・井町大生に代わってスタメンマスクをかぶった1年生の溝田晃生の左越えタイムリー二塁打で勝ち越し。4回に再び同点とされたが、1年生ショートの西山虎太郎の中前タイムリーで6点目を奪った。5回には主将の四川雄翔の右前タイムリー、4番安田の右越えへ豪快の2ラン。6回には福田観大の適時三塁打、2番・北野秀の本塁打などでリードを徐々に広げた。6イニング連続で得点を奪った。

 8回から前日の準決勝・鳴門戦で4回無失点7奪三振の力投を見せたドラフト1位候補左腕の寺島が登板。7回に代打出場して捕ゴロに倒れたが、そのまま登板。先頭にの北谷に右中間三塁打を許したが、後続を3人で抑え、マウンドを下りる時にガッツポーズを見せた。9回にもマウンドへ戻ると、2イニングを無失点とし、優勝投手となった。

 履正社は、春夏甲子園を含め、全国初制覇を決めた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:10/5(水) 13:08

Full-Count