ここから本文です

チリッチ逆転勝利で8強、元世界7位ベルダスコ下す<男子テニス>

tennis365.net 10/5(水) 18:07配信

楽天ジャパン・オープン

男子テニスの楽天ジャパン・オープン(東京/有明コロシアム、ハード、ATP500)は大会3日目の5日、シングルス2回戦が行われ、第4シードのM・チリッチ(クロアチア)が元世界ランク7位のF・ベルダスコ(スペイン)を4-6, 7-5, 7-5の逆転で下し、ベスト8進出を果たした。

第1セット、第3ゲームで先にブレークを許したチリッチは、ブレークバックすることができずゲームカウント4-6でこのセットを落とす。

続く第2セット、チリッチは第1ゲームをいきなりブレークされ出だしでつまずくも、ブレークバックに成功しベルダスコに食らいつく。その後、チリッチのリードで迎えた第12ゲーム、ドロップショットなどでベルダスコのミスを誘いブレークに成功。勝負の行方はファイナルセットへ。

迎えたファイナルセット、勢いに乗るチリッチは長いデュースを制し、第4ゲームでブレークに成功。ゲームカウント4-2とリードを広げたチリッチだったが、ミスが続いて第7ゲームでブレークバックを許し、振り出しに戻る。

互いにキープが続き迎えた第12ゲーム、チリッチはこのセット2度目のブレークに成功し、2時間18分に及ぶ接戦を制した。

両者は今回が12度目の対戦で、チリッチの7勝5敗。

勝利したチリッチは2回戦でJ・モナコ(アルゼンチン)とJ・ダックワース(オーストラリア)の勝者と対戦する。

また、同日に行われた第1シードの錦織圭(日本)と世界ランク34位のJ・ソウサ(ポルトガル)の2回戦は、錦織が第1セットのゲームカウント4-3の時点で腰の痛みにより途中棄権し、5年連続のベスト8進出とはならなかった。

tennis365.net

最終更新:10/5(水) 18:33

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]