ここから本文です

デミ・ロヴァートがテイラー・スウィフトを批判

ELLE ONLINE 10/5(水) 21:54配信

ジョー・ジョナスの元カノ同士で、以前から不仲説が流れていたテイラー・スウィフトとデミ・ロヴァート。デミがUS版『グラマー』のインタビューでフェミニズムについて語り、テイラーを再び批判! インタビュアーが「私はフェミニスト」と言うデミに「あなたは以前、テイラーに”フェミニストとして活動をしないなら、フェミニストをブランドとして利用するのはやめて”と言ったことがあるわよね? あなた自身はどんな活動をしている?」と質問。

【写真】セレブ界最強!?テイラー軍団の華麗なる交友関係を徹底レポート

昨年、シンガーのケシャがレコード会社との契約解除を求めて裁判を起こしていたけれど、その訴えが認められなかったときテイラーは25万ドル(約2600万円)をケシャに寄付。デミが「お金を払うだけで政治的な働きかけをしていない」と批判したことについて直撃すると、「声を上げているわ。私はアメリカで男女の賃金格差があること、それが不公平であることについて声を上げるのを恐れない。問題について語ることは活動になる。すべての女性が何らかの方法で自分の役割を果たしていると思う。でもある状況において、ある特定の人々はそれ以上の活動ができると思うわ。もしフェミニストを名乗るのであればね」とコメント。

しかも「これを正直に言うと、私はトラブルに巻き込まれると思うけれど、どんな形であっても仲良しグループに所属している人が正常だと思わない。人がどう見られるべきか、間違ったイメージをもたらしていると思う。人がどうあるべきか、についてもね。現実的ではないわ」とテイラーのスクワッドと呼ばれる仲良しグループも批判。さらにデミは「ケイティ・ペリーを批判する歌やビデオもあったけれど、あれは女性を勇気づけるものではないわ」とも! 厳しいコメントだけれど、一理ある気も……。テイラーがデミの批判に対して、反論するのかどうか、要チェック!
(text : Yoko Nagasaka)

from ELLEgirl

最終更新:10/5(水) 21:54

ELLE ONLINE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]