ここから本文です

金沢で観測史上1位の暴風 元台風18号の温帯低気圧 引き続き暴風に警戒

ウェザーマップ 10/5(水) 22:57配信

 台風18号は5日午後9時、佐渡沖で温帯低気圧に変わったが、金沢で観測史上1位(タイ記録)となる43.4メートルの暴風を観測するなど、非常に強い風が吹いている。西日本から東北では、6日明け方にかけて暴風や高波などに警戒が必要だ。

<暴風・高波・高潮>

 西日本や東北では6日未明にかけて、東日本では6日明け方にかけて非常に強い風が吹き、北陸では海は大しけとなる。
 温帯低気圧に変わることにより強風の範囲が徐々に広がり、東日本や東北太平洋側でも、海上を中心に風が強まりそうだ。

■6日にかけて予想される最大瞬間風速
 北陸、関東甲信     35メートル
 中国、近畿、東海、東北 30メートル

■6日にかけて予想される波の高さ
 北陸   6メートル

 なお、北陸を中心に、6日未明にかけて潮位の高くなるところがある。海岸や河口付近の低地では、高潮による浸水や冠水に警戒が必要だ。

<大雨・雷・突風>

 西日本では5日夜遅くにかけて、東日本では6日明け方にかけて、局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降る見込み。落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要となる。
 
■6日夜にかけて予想される雨量(多い所)
 北陸    120ミリ
 東北     80ミリ

最終更新:10/5(水) 22:57

ウェザーマップ