ここから本文です

赤西仁&山田孝之のJINTAKA「前向きな」解散、リリースイベントで場内悲鳴

MusicVoice 10/5(水) 15:10配信

 赤西仁と山田孝之が結成したユニット、JINTAKAが3日、東京・豊洲PITで、デビューシングル「Choo Choo SHITAIN」のリリース記念イベントを開催。デビュー曲を披露するとともに、洒落交じりに同ユニットの解散を宣言した。新ユニットへの反響は上々で、ファンやネット上でも話題を集めていただけに、場内からは悲鳴にも似た声が。赤西は「前向きな解散」と語った。この日は1日2公演がおこなわれ、計5000人を動員した。

【写真】じゃれ合う赤西仁と山田孝之

■JINTAKA結成のきっかけ

 JINTAKA結成のきっかけは今年4月1日、エイプリルフールに赤西が自身のインスタグラムに、スタジオで2人がマイクに向かって歌う構図の写真に、「本日発売 デビューシングル『Choo Choo SHITAIN』」というキャプションを添えて投稿したこと。この投稿が反響を呼び、ユニットが現実のものとなった。

 その後、それぞれ、ツイッターやインスタグラム、フェイスブックを通じて、“Choo Chooしたい”というやむにやまれぬ思いを告白し、楽曲制作に突入。作詞・作曲を共作、さらにセルフ・プロデュースでデビュー曲を完成させ、アート感覚と遊び心とが詰まったミュージックビデオ(MV)も制作され、それぞれ大反響の中、イベント当日を迎えた。

 イベントではまず、JINTAKAによる「Choo Choo SHITAIN」の生パフォーマンスからスタート。最初はDJブースでパフォーマンスしていたのだが、曲の後半ではステージ前方に出てきて、観客をあおり、コール&レスポンスとなる場面もあった。2人の顔が急接近してフィニッシュ。

 続いては「今からちょっとしゃべりTAIN」とのことでトーク・コーナーに突入。「意外にもこういうステージで歌ったのは初めてなんだよね」と赤西が指摘すると、「そうですよ」と山田。赤西は「俳優だからとかシンガーだからとかではなくて、歌いたければ歌えばいいし、演じたければ演じればいいし、エンターテインメントの世界でやっているんだから、エンターテイナーであるべきだってことで一致したよね」と語った。

 トーク・コーナーでは、2人が10代からの友人であること、一緒に映画を作ろうと盛りあがったことなど、絆の深さが見えてくるエピソードも紹介された。

 続いてはゲーム・コーナー。デビュー曲にちなんで、“チューチューペロペロゲーム”、“ペロペロムラムラゲーム”なるゲームが赤西VS山田でおこなわれ、その後、記者会見という流れだったのだが、観客も撮影OKとのことで、たくさんのスマホが掲げられる中での質疑応答となった。

 「2人の映画での共演も観てみたいという声があがってますが?」という質問に対して、「もちろん考えてます」と山田が即答すると、「オーッ!」という声が会場からあがった。「最初はそこからだもんね」と赤西。

■突然の解散宣言

 先々の展開への期待がふくらんだところで、「JINTAKAの今後の予定は?」との質問に対して、赤西から「えーと、解散します」との突然の発表。場内から悲鳴のような声が起こった。

 赤西は続けて「2枚目のシングルどうするって時に、意見の違いもあって、方向性の違いで解散しTAINと思いました」と解散理由を説明。

 その発言を受けて、山田が「僕は続けたくて、“次のシングルはバラードがいい”って言ったんですが、仁が“ロックがいい”って言って、意見の違いが出るってことは合ってなかったってことだから、解散するしかないのかなって」と俳優として培った演技力を駆使して、泣き声まじりで胸の内を明かした。

 “方向性の違い”などの発言は彼ら流の洒落ということだろう。“Choo Chooしたい”という初期衝動が達成されたことが解散の大きな理由とも言える。

 ちなみに10月8日に代々木競技場第一体育館で開催される『GirlsAward 2016 AUTUMN/WINTER by マイナビ』の出演が決定している。その8日がJINTAKAのとりあえずのラストステージとなりそうだ。

 その後もやりとりは続く。「解散って重い言葉で捉えがちですが、前向きな解散ってことで」と赤西。「JINTAKAは解散だけどね…」(山田)、「俺らは先を見ているし」(赤西)と、先々への含みのある言葉も飛びだした。

 イベントの最後には再び「Choo Choo SHITAIN」が披露され、10人のダンサーが登場して、会場内にパーティー空間が出現。JINTAKAの2人もパフォーマンスを展開して盛り上げていく。

 最後は2人の唇が最接近してイベント終了。初お披露目が解散発表の場とのことで、始まり方も終わり方も実にユニークだ。予期せぬ解散宣言も飛びだしたが、キスから始まったこのストーリーの次なる展開が楽しみになるイベントでもあった。

最終更新:10/5(水) 15:10

MusicVoice

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]