ここから本文です

10代デュオSoftly、新曲MVは同じ10代によるコラボレーション

MusicVoice 10/5(水) 16:05配信

 札幌在住の19歳シンガーソングライターデュオSoftlyが、「あなたのことを想って指先でなぞる文字は」の新ミュージック・ビデオ「あかりとまさき 告白編」を公開した。同曲は9月28日に発売した、メジャー1stアルバム『言えなかったこと。言いたいこと。』のリードトラック。まだ19歳という新進気鋭の松本花奈監督が製作し、同じく10代の女優・山田杏奈(15)と俳優の濱田龍臣(16)が出演。10代の才能によるコラボレーションとなった。

 このMVはボーカルのMUTSUKIとギターのHARUKA、2人と同じ年、19歳の松本花奈監督が制作。新進気鋭の監督によるオリジナルストーリーで、告白する勇気が中々でない片思い中の女の子を描き、1シーン1シーン恋する気持ちがひしひしと伝わって来る映像に仕上がっている。

 宮藤官九郎監督の映画『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』等で注目を集める女優・山田杏奈が演じる女子高生“あかり”を演じ、そのあかりが想いを寄せるイケメン男子高生“まさき”を、2010年放送された日本テレビ系『怪物くん』やNHK大河ドラマ『龍馬伝』等数々のTVドラマに出演している俳優の濱田龍臣が演じている。

 微妙な距離感が何とももどかしくて切ない内容となっている。今回は10代デュオの楽曲で10代の監督が制作、演じる役者陣も10代という、まさに“10代の10代による10代のためのMV”が完成した。

 また、Softlyは現在動画投稿アプリ「Mix Channel」での再生回数は計1000万回近くで、話題となっているという。今回のMVはMix channelとも連動した企画となっている。
劇中で主人公が羨ましそうに眺めるカップル動画には、Mix Channelで人気を博している「ナカ 嶋」が登場。なお、MVの最後に使われている”あかり”と”まさき”の動画は、SoftlyのメンバーHARUKAが制作したもので、Mix Channel上に上がっている。

最終更新:10/5(水) 16:05

MusicVoice