ここから本文です

今季MLSデビューを飾った“2000年生まれの若き逸材”がターゲット!? 金満クラブのマンUが獲得へ

theWORLD(ザ・ワールド) 2016/10/5(水) 17:35配信

元柏レイソルFW工藤壮人の同僚

現在プレミアリーグで6位につけているマンチェスター・ユナイテッドが、2000年生まれのU-20カナダ代表MFアルフォンソ・デイビスの獲得に動くかも知れない。

現在15歳のデイビスは、7月にメジャーリーグサッカーに所属するバンクーバー・ホワイトキャップスとプロ契約を結び、元柏レイソルFW工藤壮人の同僚となった。すると、7月16日に行われたオーランド・シティ戦で早くもプロデビュー。今季のリーグ戦では、これまで8試合出場している。一方、代表ではカナダ代表の各年代でプレイ。しかし、リベリア共和国出身のデイビスは、カナダの永住権を得ておらず、同代表で公式戦への出場には至っていない。

そんな若き才能にマンチェスター・ユナイテッドが目をつけたと英『sky SPORTS』などの複数メディアが報じた。同メディアらによると、アメリカを担当するユナイテッドのスカウトマンがデイビスに関心を寄せており、獲得を目指しているとのことだ。

はたして、ユナイテッドは15歳でプロデビューを飾ったデイビスの獲得に動くのだろうか。ユナイテッドの今後の動向に注目したいところだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:2016/10/5(水) 17:35

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合