ここから本文です

エクセルで描く日本の美、76歳パソコン画家の挑戦

AFPBB News 10/5(水) 15:46配信

【10月5日 AFPBB News】富士山に桜、池畔で日の出を迎える子ども、真っ赤に燃える紅葉とその奥を流れる白い滝――堀内辰男(Tatsuo Horiuchi)さん(76)が心に残る日本の情景を数か月かけて描きつけていくのは、キャンバスでもお絵かきソフトでもない。データ管理やグラフ作成に使用される米マイクロソフト(Microsoft)製の表計算ソフト「エクセル(Excel)」だ。

「カチッ、カチッ」。群馬県館林市の自宅で「パソコン画家」は、エクセルの図形描画機能を使って、モチーフを構成するパーツを作成していく。数か月かけて、それを何重にも重ね合わせることで、遠近感や立体感のある見事な作品が完成する。

■第二の人生―パソコン画家の道へ

 堀内さんは、2000年に定年を迎えるまで、エンジニアとして事務用品や医療機器などの開発に関わっていた。定年後、第二の人生をどう過ごすか考え、ハローワークに足を運んでみるも、「じいさんの仕事なんてない」とあしらわれたこともあった。そんなとき思い出したのは、かつて職場の会議で目にした、カラフルな資料。わざわざ専用ソフトを購入しなくても、自宅のパソコンにインストールされているエクセルで、絵を描けるかもしれないとひらめいた。しかし、それまでに絵を描いた経験はなかった。

「すぐ上達するとは思わなかった。だから10年計画を立てた」と堀内さん。最初の3年間は「描くこと」に専念し、ニンジン、ダイコンといった野菜や、野草など、目に付くもの全てをエクセルで描いた。次の3年間は、一つひとつモチーフを組み合わせて、絵画作品として構成する練習を行った。

 6年が経つ頃、初めてパソコン画のコンテストに応募し、見事大賞を受賞。自信がつき、一層制作にのめりこんだ。その集中力は、家族も驚くほど。「うちにじっといて、ぬれ落ち葉なんて言われずに、静かにしてる。もしかしたら息絶えているんじゃないか、と家族が心配して部屋をのぞきに来るくらい絵を描いている」と笑う。

■数式で絵を描くという魅力

 自宅の居間には、横幅3メートルもの巨大なエクセル画が飾られている。「感覚の世界で絵を描いていると思っていても、実は数式処理で輪郭が描かれていたりする」と、曲線の向こうの「数式」に思いをはせる堀内さんには、技術屋としての顔がのぞいている。

 パーツを作って組み合わせる点も、エンジニアの仕事と共通しているという。「たとえ1ミリのネジでも、1本抜けたら商品にならない。ひとつひとつ丁寧にやらないと、最後にいいものができないのは技術の世界と同じ」

■やることがない?パソコンで絵をかけばいい

 堀内さんのうわさを聞きつけ、エクセルで絵を描きたいと、近所や遠方からも声がかかった。主な受講生は、堀内さんと同じ高齢者だ。「第二の人生でやることない人がたくさんいる」。6年前からは、近くの公民館などで、不定期に講座を開くようになった。教材も自ら作成し、初心者でもエクセル絵を描けるよう丁寧な指導を心掛ける。

 受講生の増田法子(Noriko Masuda)さん(81)は、10年ほど前に「ボケ防止に」と、息子からパソコンを贈られた。初心者向け教室で、ワードやエクセルを習い始めたが、「そこで『絵』に出会うとは思わなかった」という。もともと趣味で水墨画を描くこともあったが、「水墨画は、一発勝負。でも、エクセルは失敗しても消去できる。色も形も自由自在にでき、絵を描く魅力は無限に広がった」と顔をほころばせる。

■鑑賞に耐える絵を描きたい

 エクセル画を描き始めてから、約15年。数えきれないほど多くの作品を手がけてきた。いまも、完成度を高めるため、日々努力を重ねる。「エクセルで描くという珍しさを差し引いて、絵そのものが評価されるかが問題。突き抜けていい絵になるのが、いつになるかはわからない。もがいてはいるけど」と、控えめにこぼす。

 頭の中は、常に次回作の構想でいっぱいだ。「次に描きたいのは、若葉がもえる頃の山。新芽が吹き、松は常緑。本当にいろんな色が山いっぱいにあふれている。それを何とか描きたい」と目を細める。唯一の悩みは、メモリーの空き容量不足だ。「パソコンに、まだやるのかと言われているみたい」とパソコン画家ならではの苦労を付け加え、笑った。(c)AFPBB News/Hiromi Tanoue

最終更新:10/7(金) 11:05

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

信用履歴が(まだ)ない人のためのスマートローン
TEDフェローのシヴァーニ・シロヤのスタートアップ企業InVentureでは、携帯電話のデータを使って個人の信用情報を作り上げることで、新興世界に眠っている購買力を目覚めさせようという事業をしています。「クレジット・スコアのようなシンプルなもので、自分の未来を自分で築き上げる力を人々に与えることができるのです」 [new]