ここから本文です

荒廃した倉庫街から流行最先端へ 米マイアミの地区、アートで再生

AFPBB News 10/5(水) 16:27配信

(c)AFPBB News

【10月5日 AFP】10年前には歩くのも恐ろしいほど荒れ果てた倉庫街だった米フロリダ(Florida)州マイアミ(Miami)のワインウッド(Wynwood)地区が、今では全米でも指折りのクールなエリアとして脚光を浴びている。

 立役者は、地区の再生などを手掛ける不動産開発企業を率いるジェシカ・ゴールドマン・スレブニック(Jessica Goldman Srebnick)氏。この地区の再開発を進めていた亡き父から事業を引き継ぎ、ストリートアートを活用して流行の最先端を行く町へと生まれ変わらせた。地区内にはアートギャラリーが約70か所あるほか、飲食店も20店ほど出店している。

 工場の倉庫には、バラク・オバマ(Barack Obama)米大統領の選挙運動用のポスターなどで知られるシェパード・フェアリー(Shepard Fairey)をはじめ、世界的に有名なアーティストたちが壁画を描いている。

 地区の人気に伴って地価も急騰。かつては1平方フィート(約0.09平方メートル)当たりおよそ3~6ドル(310~620円)だったのが、現在は65~95ドル(6700~9800円)まで跳ね上がっている。(c)AFPBB News

最終更新:10/6(木) 17:08

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。