ここから本文です

成年女子は愛媛が京都を下して優勝 [国体テニス]

THE TENNIS DAILY 10/5(水) 23:57配信

「第71回国民体育大会テニス競技(岩手大会)」(成年の部:盛岡市立太田テニスコート、少年の部:安比高原テニスクラブ/10月2~5日)の大会最終日は、成年男女の決勝と少年男女の準決勝・決勝、各順位決定戦が行われた。

成年男子は和歌山が三重を下して3連覇達成 [第71回岩手国体]

 成年女子の決勝は愛媛県と京都府のトップ2シード対決となり、第1シードの愛媛が第2シードの京都を2-1で下して優勝を果たした。第4シードの茨城県は第3シードの静岡県を2-0で破って3位となった。

※都道府県名の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

     ◇   ◇   ◇

【成年女子決勝】

1愛媛県[1] 2-1 32京都府[2]
S1 ○波形純理 9-8(5) ●梶谷桜舞
S2 ●長谷川茉美 7-9 ○西本恵
D ○波形/長谷川 8-5 ●梶谷/西本

--------------------

【成年女子3・4位決定戦】

9静岡県[3] 0-2 24茨城県[4]
S1 ●山口恵実 4-8 ○森崎可南子
S2 ●古屋美智留 4-8 ○古川鈴夏
D 山口/古屋 打切 森崎/古川

--------------------

【成年女子5・6位決定戦】

14富山県 2-1 25神奈川県[8]
S1 ○布目千尋 8-5 ●水沼茉子
S2 ●前田友花 4-8 ○入江真子
D ○布目/前田 8-2 ●水沼/入江

--------------------

【成年女子7・8位決定戦】

8埼玉県[5] 2-1 20岐阜県
S1 ●金井綾香 1-8 ○鵜飼美希
S2 ○中束涼子 8-6 ●佐野結花
D ○金井/中束 9-8(2) ●鵜飼/佐野

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:10/5(水) 23:57

THE TENNIS DAILY

なぜ今? 首相主導の働き方改革