ここから本文です

日本代表ハリル監督「(イラク戦は)トップパフォーマンスにはならないと思う」

theWORLD(ザ・ワールド) 10/5(水) 19:00配信

フィジカルコンディションは何人かは良いが、何人かは疲れている

6日に埼玉スタジアムでロシアW杯アジア最終予選の3戦目となるイラク戦を迎える日本代表。9月のUAE戦、タイ戦を1勝1敗で終えたことで、現在グループ3位となっている。対して、イラクは2連敗で5位となっており、なんとしても勝点3がほしい一戦だ。

しかし、状況は決して楽観できない。日本代表の多くは欧州でプレイしているが、チーム内のポジション争いに勝てず試合に出場できていない選手が多い。そのうえ、長距離移動のすえに帰国している。なかには、試合2日前に帰国した選手もいる。9月のUAE戦では各選手の試合感覚の欠如やコンディション不良もあってチームとして本来の力を発揮できなかった。そして、この状況は今回も変わっていない。イラク戦を翌日に控えて、ハリルホジッチ監督は会見で以下のように語っている。

「各選手のコンディションに差がある。何人かは良いが、何人かは疲れている。われわれは勝つための準備をすべてやらなければならず、疲労回復にもトライしている。メディカルスタッフが取り組んでいるが、トップパフォーマンスにはならないと思う。選手にはミーティングで『とにかくメンタルだ。それが違いになる』と伝えた。(スタメンは)明日の昼まで考えて決断する」

苦戦が予想されるイラク戦のキックオフは19時35分。日本代表はその後に移動し、11日に敵地でオーストラリアと対戦する。

【ロシアW杯アジア最終予選グループB順位表】
1位オーストラリア 勝点6(+3)
2位サウジアラビア 勝点6(+2)
3位日本      勝点3(+1)
4位UAE      勝点3(0)
5位イラク     勝点0(-3)
6位タイ      勝点0(-3)

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:10/5(水) 19:00

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報