ここから本文です

日本の“吠えまくる男“も入ってた! 英メディアが紹介する欧州PK阻止率ランキングトップ50の1位は

theWORLD(ザ・ワールド) 10/5(水) 20:20配信

今節も話題集めたあの選手が1位に

アントワーヌ・グリーズマンのPKも横っ飛びで弾き出し、ガビのPKまで防ぐなど、バレンシアGKジエゴ・アウベスが2日のアトレティコ・マドリード戦で見せたPKストップは大きな話題となった。ジエゴ・アウベスは以前からPKを得意にしているGKとして有名だったが、その阻止率はどれほどのものなのか。

今回英『sky SPORTS』は、欧州五大リーグでプレイするGKを対象にPK阻止率のランキングを作成。5位はミランの若き守護神ジャンルイジ・ドンナルンマで40%、4位はモナコのダニエル・スバシッチで41・03%、3位はPSGのケビン・トラップが41・94%、2位はボローニャのアルフレッド・ゴミスで45・83%、そして1位はジエゴ・アウベスで48・84%だ。

インテルのサミール・ハンダノビッチが38・2%で惜しくも6位となっており、ハンダノビッチほどの選手でもジエゴ・アウベスとは大きな差がついている。

そんな中、34位にはフランスのメスでプレイする川島永嗣が選ばれている。日本のサッカーファンの中には2011年のアジアカップでPKをストップしたシーンなどを記憶している者もいるだろうが、川島の阻止率は30%となっている。近年の川島は軽率なミスをしてしまう場面もあったが、PKでは期待が持てるGKと言えるかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:10/5(水) 20:20

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。