ここから本文です

しなまゆ 「佐々木希でぇーす!」笑顔が飛び交った1年9か月ぶりのワンマン……“ひらき直った”彼女たちの真のステージ

Billboard Japan 10/5(水) 15:25配信

 立川出身のポップバンド・しなまゆが、9月16日 渋谷WWWにて1年9か月ぶりとなるワンマンライブ【E-ヲンナ ~しなまゆの変?~】を開催した。

しなまゆ ライブ写真一覧

 モリユイ(vo)による注意事項などのアナウンス、メンバーによるラジオ番組のような穏やかなトークで、開演前にも関わらず盛り上がりを見せたこの日のライブ。しなまゆとしては1年9か月ぶりのワンマンで、会場も待ってましたと言わんばかりに大きな声で、「いい湯だな♪」へ「あははん♪」とレスポンスしていた。そしてライブ後半では、“ひらき直った”とモリユイが述べるのだが、バンド全体としてその言葉が正にその通りと思わせるほどの“自らがまず楽しむ”という姿を見せてくれていた。格好付ける態度のない、あるがままのしなまゆが動き出した。その瞬間を目の当たりに出来たステージが、そこにはあった。

<モリユイがヘンシン!? 「佐々木希でぇーす!」笑顔溢れる1年9か月ぶりのワンマン>

 ポップでロックなナンバーを立て続けに繰り出したライブ冒頭で、アルバム『ヘンシン』収録の渡邊忍が手がけた「not yet」も披露された。各楽器パートがそれぞれのメロディを持ち、一つにまとめる作業ですら難易度の高いこの楽曲を、彼女たちは演奏の凄みでなく、表現の深みで見事にパフォーマンス。人間味を漂わし、酔わすようなステージで本ライブは幕を開けた。

 MCでは、開演前のラジオトークでも盛り上がった“朝起きたら〇〇にヘンシンしていた”ネタを被せ、モリユイが「佐々木希でぇーす!」と自己紹介。これには歓声とともに笑い声もあがっていた。その後、ステージではいしわたり淳治プロデュースの「恋をしている目をしている」から、デビュー曲「ストロベリーフィールズ」に至るまで、時の経過を感じるようなセットリストで展開していく。その中で、「ミスト」「傘」を披露するモリユイが、ボーカリストの枠を超えて、この日一番幸せなヒロインを演じるミュージカル女優にも見えてくる。また「ラブコメしたいの」では、会場が一体となり「LOVE」の形に手を動かし、笑顔溢れる光景が広がっていた。

<“ひらき直った”彼女たちは迷いなく突き進む! 11月に東名阪ツアー開催>

 この日、「ハイブリッド」では「思い出を残していってください」と撮影許可を出したり、モリユイのMC中にタクマ(g)が邪魔をしてしまったりと自然とライブを楽しむメンバーの表情が輝いて見える。そしてタクマの「こっから盛り上がる曲やりますっ!!」の掛け声から、「目星」「344」「チャイニーカンフーセンセーション!」とアッパーなナンバーをたたみ掛け、後半戦も元気なメンバーと観衆たちの最高の笑みが飛び交っていった。

 そして終盤、「しなまゆ、3月にアルバムを出して、4か月連続でライブをやって、その間にたくさんのことが変わってます。でも本当に1コ、変わったのは……私たちが“ひらき直った”ってことなんだよぉーっ!!」と、モリユイが「好きな人」を歌い終え、叫んだ。格好付けようとしても、格好悪いまま。そこで彼女たちが見つけた答えが「格好悪くてもいい。自分らしく前に進んで行くことが大事」ということだった。そして「皆が何かにつまづいて、困ってて、自分格好悪いなと思うかもしれない。でも、しなまゆはそれを全肯定します!!」と背中を押すように、迷いのかけらもなく、力強く「Bambi」を披露し、本編を締めくくっていった。

 アンコールでは新曲「まだ言わない」を初披露。この日、全体で20曲を歌い上げ、ワンマンライブの幕を閉じた。そして今回、11月に東名阪ツアーの開催も発表され、今後の展開に期待の高まるしなまゆ。“ひらき直った”彼女たちのステージを観に、ぜひ足を運んでみてほしい。


◎【E-ヲンナ ~しなまゆの変?~】
9月16日(金)渋谷 WWW セットリスト
01.サタデーフライト
02.Amie
03.イエティ
04.not yet
05.ダンス社会人
06.恋をしている目をしている
07.リリカ
08.ラブコメしたいの
09.ミスト
10.傘
11.ストロベリーフィールズ
12.ハイブリッド
13.目星
14.344
15.チャイニーカンフーセンセーション!
16.バイバイの時間
17.好きな人
18.Bambi
En1.まだ言わない(新曲)
En2.Switch!

◎東名阪ツアー【しなまゆ“いい湯だな□ツアー2016”】
11月17日(木)名古屋 ハートランド
11月18日(金)大阪 北堀江club vijon
11月24日(木)東京 Shibuya eggman
http://shinamayu.com/live

最終更新:10/5(水) 15:25

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]