ここから本文です

【ビルボード】TOP3停滞の洋楽チャート、初登場した5H&ザ・ウィークエンドの新曲に注目

Billboard Japan 10/5(水) 15:25配信

 ザ・チェインスモーカーズの「クローサーfeat.ホールジー」が、3週目の1位にとなった今週のBillboard JAPAN洋楽チャート“Hot Overseas”。

 米ビルボード・ソング・チャートでは今週7週目の首位をマークし、10週のベンチマークにも近づいてきたザ・チェインスモーカーズ「クローサーfeat.ホールジー」。ここ日本でも、依然とデジタル・セールス(洋楽勢1位)とTwitterポイント(洋楽勢1位)、加えて動画再生回数が好調だ。惜しくも2位のイジー・ビズ「ホワイト・タイガー」、3位のレディー・ガガ「パーフェクト・イリュージョン」は同順位に停滞する結果となった。

 このまま記録を伸ばしたいザ・チェインスモーカーズに迫るのが、今週初登場した強者による2曲だ。6位のフィフス・ハーモニー「ザッツ・マイ・ガール」はエアプレイを中心にポイントを積み上げており、デジタル・セールスが加われば、さらなるランクアップが予想される。フィフス・ハーモニーは、今夏大ヒットとなった「ワーク・フロム・ホーム feat.タイ・ダラー・サイン」で洋楽チャート2週連続イ1位を記録している。

 そして10位のザ・ウィークエンド「スターボーイ feat.ダフト・パンク」は、その話題性に後押しされTwitterポイントとデジタル・セールスを順調に伸ばしており、来週は公開されたばかりのミュージック・ビデオのポイントの加算に期待がかかる。なお、ビデオにはフィーチャリングされているダフト・パンクも“カメオ出演”している。

 今週最後の初登場曲は、クレイグ・デイヴィッドの「エイント・ギヴィング・アップ」。トロピカル・ハウス界が誇るDJ、シガラが手掛けた1曲で、本日日本リリースとなる約6年ぶりとなる最新アルバム『フォロイング・マイ・イントゥイション』からのリード・トラックとなっている。

◎【Hot Overseas】トップ10
1位「クローサーfeat.ホールジー」ザ・チェインスモーカーズ
2位「ホワイト・タイガー」イジー・ビズ
3位「パーフェクト・イリュージョン」レディー・ガガ
4位「チェンジ・ザ・ワールド」エリック・クラプトン
5位「ザ・グレイテスト feat.ケンドリック・ラマー」シーア
6位「ザッツ・マイ・ガール」フィフス・ハーモニー
7位「コールド・ウォーターfeat.ジャスティン・ビーバー&ムー」メジャー・レイザー
8位「マイ・ウェイ」カルヴィン・ハリス
9位「ハッピー」ファレル・ウィリアムス
10位「ザッツ・マイ・ガール」フィフス・ハーモニー

最終更新:10/5(水) 15:25

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]